サイト表示切替

ホームくらしのガイド>健康・福祉>健康・医療>予防接種>日本脳炎予防接種

ここから本文です。

日本脳炎予防接種

 日本脳炎ウイルスの感染によって起こります。ヒトから直接ではなく、ブタなどの体内で増えたウイルスが蚊によって媒介され感染します。7〜10日の潜伏期間の後、高熱、頭痛、嘔吐、意識障害、けいれんなどの症状を示す急性脳炎になることがあります。ヒトからヒトへの感染はありません。感染者のうち100〜1,000人に1人が脳炎を発症します。脳炎のほか髄膜炎や夏かぜ様の症状で終わる人もいます。脳炎にかかった時の致命率は約20〜40%ですが、治ったあとに神経の後遺症を残す人が多くいます。

※日本脳炎の予防接種は、平成17年度から平成21年度まで積極的勧奨(個別通知)が控えられていましたが、その後新たにワクチンが開発され、平成22年度より積極的勧奨を再開しています。

 

■接種前に読んでいただくもの

日本脳炎とは

予防接種を受ける前に

 

対象年齢

1期

生後6か月〜7歳6か月未満  ※対象者には、3歳1か月になる月に予診票などを送付しています。

■初回2回:6日以上の間隔をあける

 ・標準的な接種期間は3歳〜4歳未満 

 ・標準的な接種間隔は6日〜28日


■追加1回:初回接種後6か月以上(標準的にはおおむね1年)あける

 ・標準的な接種期間は4歳〜5歳未満

 

2期

9歳〜13歳未満に1回接種 ※対象者には9歳1か月になる月に予診票などを送付しています。
 
ただし、平成19年4月2日〜平成21年10月1日生まれの方で、1期の接種が終了していない方は、1期の残りの回数を、2期(9歳〜13歳未満)の時期に定期接種として接種を受けることができます。
 

特例対象者(平成7年4月2日〜平成19年4月1日生まれの方)

1期・2期合わせて4回接種していない方は、20歳未満までに残りの回数を定期接種として接種できます。母子健康手帳や予防接種の記録を見て、これまでに受けている回数を確認してください。 ※大和市に2期日本脳炎の接種記録がない特例対象の方には、順次、通知をしています。

■接種間隔

特例対象者は、下記の接種間隔で接種することが可能ですが、通常の1期・2期の標準的な接種間隔を参考にして、医師と相談しながら20歳未満までに接種を勧めていきましょう。

 

○残り4回を行う場合(平成23年5月20日までに全く接種していない)

 1期初回:6日以上(標準的には6〜28日)の間隔をおいて2回

 1期追加:初回接種終了後6か月以上(標準的にはおおむね1年)あけて1回

 2期:1期追加終了後6日以上(標準的には5年)の間隔をおいて1回

 

○残り3回を行う場合(平成23年5月20日までに1回接種している)

 6日以上の間隔をおいて3回

 

○残り2回を行う場合(平成23年5月20日までに2回接種している)

 6日以上の間隔をおいて2回

 

○残り1回を行う場合

 1期追加終了後6日以上の間隔をおいて1回 

協力医療機関

大和市協力医療機関(日本脳炎)
※事前に予約が必要な場合があります。 
協力医療機関以外で接種する場合は、全額自己負担となります。
※長期入院あるいは療養中など、やむを得ない事情により、協力医療機関以外での接種を希望される場合は、接種前に健康づくり推進課へご相談ください。
 
■持ち物:母子健康手帳、大和市予防接種番号、予診票
 
※特例対象者の予診票は、協力医療機関に用意されている予診票をお使いください。
※大和市予防接種番号を紛失された場合は、再交付を行うため、母子健康手帳を持参の上、健康づくり推進課窓口までお越しください。転入した方で、大和市予防接種番号がわからない場合は、健康づくり推進課までお問い合わせください。
 
 
 

注意事項

接種の際は保護者同伴が必要ですが、高校1年生相当以上の年齢の方の場合に限り、保護者の同意があれば、同伴が無くても接種を受けることができます。ただし、あらかじめ予診票に保護者が署名する必要があるため、事前に、母子健康手帳を持参の上協力医療機関または健康づくり推進課窓口で予診票を受け取ってください。
   

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

健康福祉部 医療健診課(保健福祉センター4階 案内図

電話:046-260-5662

このページに関するお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る