サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>健康・福祉>健康・医療>トピックス>大和市の食育

ここから本文です。

大和市の食育

食育(しょくいく)とは、食に関する正しい知識を習得し、自らの食を自分で選択する判断力を身に付けるための取組みのことです。また、生きる上での基盤であり、知育・徳育・体育と同様に人間にとって重要なものです。
これに伴い、国は平成17年7月に、食育に関する基本事項を定めた「食育基本法」を施行し、平成18年3月に「食育推進基本計画」を策定しました。
大和市ではこれまで平成23年3月に作成した大和市食育ガイドライン「改訂版」で食育を推進してきましたが、平成27年度からは平成27年3月に策定された大和市食育推進計画に基づき今後も食育を推進していきます。
 
基本理念を「食を通じた心身の健康増進と豊かな人間形成」とし「親から子、子から親、そして次の世代へ」つながる食育の取組を進めてまいります。
 
 

ベジファースト・ラスト15キャンペーン

 大和市は、暑気払いや忘年会などで宴会が増える時期に合わせて、「ベジファースト・ラスト15」〜まず野菜 最後は残さずごちそうさま〜のキャンペーンを実施します。

 このキャンペーンは、食育の普及啓発を図るため、市民の皆さんに野菜から食べることの効果と残さず食べることの大切さをあらためて知ってもらうことを目的に実施します。

 「ベジファースト」とは、食事を野菜から先に食べることにより、血糖の上昇を緩やかにし、肥満や高血糖の予防を期待するものです。「ラスト15」とは、宴会や食事のお開きの最後15分は自席で食事を楽しむことを意識することにより、食べ残しを減らし、食への感謝するこころの醸成とごみの減量化も期待できます。

 キャンペーン期間は、市内の協力飲食店に啓発用コースター等を配布するほか、駅などでチラシと啓発品のポケットティッシュを配布します。

 宴会の場や家庭の食事においても、「ベジファースト・ラスト15」を実践いただきますようよろしくお願いいたします。

キャンペーンチラシ

大和市食育推進計画について

食の安全について

様々な食品や情報が溢れている中、健全な食生活を送るために、自らの判断で食品を選別する力が求められています。
市では、県等と連携し、情報を発信していきます。以下のリンク先をご参照ください。
 
▼食育講座の開催
 食品衛生や食品表示についての知識向上を図るため、講座を開催します。 
 日 時:平成29年7月13日(木) 9:30〜12:00 <終了しました>
 場 所:保健福祉センター1階 保健指導室
 内 容:食品衛生、食中毒に関すること、食品表示(栄養表示) 
 
▼大和市 子どもの食の安全
 
<関連リンク> 
▼消費者庁
 
▼神奈川県
 かながわの食の安全・安心
 
 
 
 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

健康福祉部 健康づくり推進課
 
電話:046-260-5662
FAX:046-260-1156

ページの先頭へ戻る