サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>健康・福祉>健康・医療>健診・検査>特定健診の追加項目検査について

ここから本文です。

特定健診の追加項目検査について

社会保険等加入者の方へ

市では、市内の協力医療機関で特定健診などを受診する社会保険等の加入者を対象に、下記の検査項目を追加で実施しています。
 平成20年4月から各医療保険の運営者に「特定健康診査(特定健診)」の実施が義務付けられました。これにより、市では市民を対象に実施していた「基本健康診査」に代わって、国民健康保険の加入者を対象とした特定健診が実施されています。
ただし、これまでより検査項目が少なくなったことから、市では特定健康診査の検査項目を補うため追加項目の検査を実施しています。
 ※特定健診の検査内容や受診医療機関は、各医療保険によって異なりますので加入している医療保険の運営者にご確認ください。
 ※国民健康保険、後期高齢者医療制度に加入している方は市の保険年金課にご確認ください。

対象

大和市の特定健診協力医療機関で特定健診を受診する市内在住者(40歳以上)

検査項目

総コレステロール、クレアチニン、尿酸、ヘモグロビン、血清アルブミン、ALP、胸部X−P※、肝炎検査※、前立腺がん検査※
(※は希望者による追加検査、自己負担あり)
【自己負担額 胸部X−P(CR無)500円・(CR有)800円、肝炎検査1,000円、前立腺がん検査500円】

実施時期・健診機関

6月から9月までに市内協力医療機関で受診可能。(国保加入者と同じ)
  
 

問い合わせ

健康福祉部 健康づくり推進課(保健福祉センター 案内図
医療施策推進担当
電話 046-260-5661
FAX 046-260-1156
受付時間:8:30〜17:15(土日休日を除く)
このページに関するお問合せはこちら

ページの先頭へ戻る