サイト表示切替

ホームくらしのガイド>健康・福祉>健康・医療>鳥インフルエンザについて

ここから本文です。

鳥インフルエンザについて

平成29年3月、滋賀県において低病原性鳥インフルエンザウイルス(H7N9亜型)が野鳥の糞便から検出されました。
今回検出されたウイルスは、2013年以降に中国などにおいてヒトへの感染事例の報告があるウイルスとは異なるものです。
鳥インフルエンザウイルスは、感染した鳥類やその死体に濃厚に接触した場合を除いて、通常はヒトに感染することがないと考えられています。

鳥インフルエンザA(H7N9)とは

鳥類(主に水禽類)に感染するインフルエンザウイルスで、中国などではヒトへの感染例も報告されています。
感染源は確定していませんが、感染した鳥などの排泄物や死体、臓器などに濃厚に接触すると、まれにヒトに感染すると考えられています。
日本国内ではヒトへの感染事例はありません。また、これまでヒトからヒトへの感染は起こっていません。
 潜伏期間は1〜10日で、高熱と急性呼吸器症状(鼻汁、咽頭痛、せき等)を呈し、重症な肺炎を起こすこともあります。
 

海外での発生状況

鳥類では中国および香港において感染が確認され、ヒトでの症例は中国において2013年以降に報告されています。
中国本土、あるいは中国から家禽を輸入をしている台湾・マカオ・マレーシア・カナダなどで、患者が確認されています。
WHOの発表によると、これまでに918例の報告があり、少なくとも359例(39%)が死亡しています。(2017年2月9日現在)
 
 

感染を予防するために

・情報収集を行いましょう。特に海外旅行の際には、渡航先で発生している感染症の情報をあらかじめ知っておくことが大切です。
・養鶏場、鳥の羽をむしるなどの処理をしているところ、鳥を売買している市場に不用意に近づかないようにしましょう。
・弱った鳥や死んだ鳥に触ったり、鳥のフンが舞い上がっている場所で、ほこりを吸い込まないようにしましょう。
・外出先から帰ったら、石けんで手を洗うなど、日常的な感染予防を心がけましょう。
 

問い合わせ

健康福祉部 健康づくり推進課
 
電話:046-260-5662
FAX:046-260-1156

ページの先頭へ戻る