サイト表示切替

ホームくらしのガイド>健康・福祉>健康・医療>予防接種>水痘(水ぼうそう)予防接種

ここから本文です。

水痘(水ぼうそう)予防接種

水痘(水ぼうそう)は、水痘−帯状疱疹ウイルスによる感染症で、直接接触、飛沫感染あるいは空気感染により感染する、伝染力の強い感染症の一つです。ひとたび感染すると、一生身体の中に潜伏感染し、加齢や免疫抑制状態等で再活性化し、帯状疱疹を発症します。
 
水痘の潜伏期は通常2週間程度です。特徴的な発疹が主症状でかゆみを伴います。発熱を伴うこともあります。まれに脳炎や肺炎、肝機能の異常を伴うことがあります。また、皮膚から細菌が感染して化膿したりすることはまれではなく、敗血症などの重症の細菌感染症を合併することもあります。免疫機能が低下している人がかかると特に重症となります。
 
 
※水痘予防接種は、平成26年10月1日より定期の予防接種となりました。
 

対象者

  1歳〜3歳未満

接種間隔・回数

2回接種(3か月以上の間隔をおく)
 
【標準的な接種期間】
1回目:1歳〜1歳3か月未満
2回目:1回目接種後から6か月〜12か月の間隔をあけて
 

※すでに水痘にかかった場合は定期接種対象外となります。

注意事項

・輸血または製剤の投与を受けたお子さんは、3〜6か月以上たってから接種を受けてください。
 
 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

健康福祉部 医療健診課(保健福祉センター4階 案内図

電話:046-260-5662

このページに関するお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る