サイト表示切替

ホームくらしのガイド>健康・福祉>健康・医療>予防接種>4種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ)予防接種

ここから本文です。

4種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ)予防接種

ジフテリアは、ワクチンの導入により、現在国内では患者の発生はみられていません。しかし、ジフテリアは感染しても10%程度の人に症状が出るだけで、残りの人は発症がでない保菌者となり、その人を通じて感染することもあります。主な症状として、高熱、のどの痛み、犬吠様のせき、嘔吐などで、偽膜と呼ばれる膜ができて窒息死することもあります。発病2〜3週間後には菌の出す毒素によって心筋障害や神経麻痺を起すことがあります。
百日せきは、最近、長びくせきを特徴とし思春期、成人の患者がみられ、乳幼児への感染源となり、重症化する例があります。呼吸器症状が主で、咳がひどくなり、乳児では肺炎や脳症などの重い合併症を起こしやすく命を落とすこともあります。
破傷風は、土の中にいる菌が、傷口から人の体内に入ることによって感染します。菌が体の中で増えると、菌の出す毒素のために、筋肉のけいれんを起こします。治療が遅れると死に至ることもある病気です。
ポリオは、「小児まひ」と呼ばれます。感染してもほとんどの場合症状は出ませんが、症状が出る場合は手足の麻痺を起すことがあり、一部の人はその麻痺が永久に残ります。
 
※平成24年9月より、定期接種で使用するポリオワクチンは、経口ポリオワクチン(OPV)から不活化ポリオワクチン(IPV)に切り替わりました。また、平成24年11月より、4種混合(百日せき、ジフテリア、破傷風、不活化ポリオ)ワクチンが定期接種に使用できるようになりました。

対象年齢

生後3か月〜7歳6か月未満
※生後3か月以降、できるだけ早めに接種を開始してください。
 

接種回数・間隔

初回3回:20日以上(標準的には20日以上56日まで)の間隔をおく。
追加1回:初回接種終了後、標準的には1年から1年半の間隔をおく。
 

※経口ポリオワクチンを1回接種している方は、不活化ポリオワクチンを1回受けたものとします。経口ポリオワクチンを2回すでに受けている方は、不活化ポリオワクチンを受ける必要はありません。

※3種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風)を4回接種し、ポリオワクチンの接種が完了していない場合は、単独の不活化ポリオワクチンを使用します。

※ポリオワクチンの接種が完了し、3種混合ワクチンの接種が4回完了していない場合は、4種混合ワクチンあるいは3種混合ワクチンを使用します。

4種混合ワクチン「テトラビック皮下注シリンジ」の一部ロット回収に伴う抗体検査・追加接種について

詳細はこちら一般財団法人 阪大微生物病研究会ホームページ
対象ロット製品
詳しくは健康づくり推進課までお問い合わせください。

問い合わせ

健康福祉部 医療健診課(保健福祉センター4階 案内図

電話:046-260-5662

このページに関するお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る