サイト表示切替

ホーム市政情報基地対策>これまでの要請活動など

ここから本文です。

これまでの要請活動など

2020年度(令和2年度)

■2020年度(令和2年度)

 

月  日

主な要請活動の内容など

5/21 空母ロナルド・レーガンが横須賀港を出港しました。
5/15 空母ロナルド・レーガンが横須賀港に入港しました。
5/12 空母ロナルド・レーガン艦載機の着陸訓練に関する防衛省の発表を受けて、県と厚木基地周辺9市(大和・綾瀬・相模原・藤沢・茅ヶ崎・海老名・座間・横浜・町田)でも、防衛大臣に対し、訓練環境の整備、米側との調整等に万全を期し、天候等の事情に関わらず全ての空母艦載機着陸訓練を硫黄島で実施し、決して着陸訓練を厚木基地で行わないよう、強く求めました。
5/12 防衛省は、在日米軍司令部から、5月14日から6月10日まで空母ロナルド・レーガン艦載機の着陸訓練を硫黄島で実施する予定である旨の通知があったと発表しました。
空母ロナルド・レーガン艦載機の着陸訓練について(防衛省発表資料)

なお、併せて防衛省から三沢、厚木、岩国、横田の各飛行場が予備飛行場として指定されているとの説明がありました。

これを受け、大木大和市長は在日米海軍厚木航空施設司令官ロイド B.マック大佐に対し、厚木基地などが硫黄島の予備施設として指定されているとのことだが、あらゆる手段を講じ、厚木基地で着陸訓練を実施しないよう求めるとともに、着陸訓練後の深夜の飛行についても、決して厚木基地周辺で行わないよう強く要請しました。また、外務大臣、防衛大臣に対しても、同様の要請を行いました。
5/11 防衛省南関東防衛局から、次のとおり厚木基地への航空自衛隊C-2輸送機の乗入れについて情報提供がありました。
1.乗入れ日時:令和2年5月14日(木)
2.使用機種:航空自衛隊第3輸送航空隊(美保)所属C-2輸送機 1機
3.目的:ソマリア沖・アデン湾における海賊対処の任務を終え交代を完了した海上自衛隊P-3C哨戒機2機のうち1機について、帰国途中のベトナムにおいてエンジン不具合が発生したことから、現地(ベトナムのタンソンニャット国際空港)へ修理器材等を輸送するため
5/5 空母ロナルド・レーガンが横須賀港を出港しました。

 

厚木基地の航空機騒音にかかる国への苦情はこちらから

問い合わせ

大和市役所 市長室 基地対策課 (本庁舎3F 案内図

〒242-8601 大和市下鶴間1-1-1
電話:046-260-5310
FAX:046-260-5316

このページに関するお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る