サイト表示切替
検索の仕方

ホーム市政情報基地対策>大和市の基地対策トップ

ここから本文です。

大和市の基地対策トップ

トピックス

■2018年度(平成30年度)

 

5/11

防衛省南関東防衛局から大和市に対し、次のとおり空母ロナルド・レーガン艦載機の着陸訓練の訓練期間変更について情報提供がありました。

 在日米海軍によると、硫黄島における空母ロナルド・レーガン艦載機の着陸訓練について、運用上の理由により訓練期間が、当初5月13日(日)までから数日程度延長となる。
 また、硫黄島における天候等の事情により、所要の訓練を実施できない場合に訓練を行う一部又は全部の飛行場(三沢・厚木・岩国)についても同様に数日程度の延長となる。
 なお、今後、在日米軍司令部から具体的な同訓練の日時の変更の通知があった場合には、改めてお知らせする。
 今回お知らせした内容については、天候や航空機の整備等の事情から変更される可能性がある。

5/11

空母ロナルド・レーガンが横須賀を出港しました。

4/27

空母ロナルド・レーガン艦載機の着陸訓練に関する防衛省の発表を受けて、県と厚木基地周辺9市(大和・綾瀬・相模原・藤沢・茅ヶ崎・海老名・座間・横浜・町田)は、防衛大臣に対し、訓練環境の整備、米側との調整等に万全を期し、天候等の事情に関わらず全ての空母艦載機着陸訓練を硫黄島で実施し、決して着陸訓練を厚木基地で行わないよう、強く求めました。

4/26

防衛省は、在日米軍司令部から、5月3日から5月13日まで空母ロナルド・レーガン艦載機の着陸訓練を硫黄島で実施する予定である旨の通知があったことを発表しました。

空母ロナルド・レーガン艦載機の着陸訓練について(防衛省ウェブサイト)

 これを受け、大木大和市長は在日米海軍厚木航空施設司令官ロイド B.マック大佐に対し、今回の着陸訓練は天候等の事情によっては厚木基地などでも実施するとされているが、あらゆる手段を講じ、厚木基地で着陸訓練を実施しないよう求めるとともに、空母着艦資格取得訓練(CQ)後の深夜の飛行についても、決して厚木基地周辺で行わないよう強く要請しました。また、外務大臣、防衛大臣に対しても、同様の要請を行いました。

4/18

防衛省南関東防衛局から大和市に対し、次のとおり空母着艦資格取得訓練の実施場所の変更について情報提供がありました。

・米海軍の空母艦載機は、これまで硫黄島において空母艦載機着陸訓練(FCLP)を実施した後、厚木飛行場を拠点に4日間程度(天候等の事情により1〜2日延長する場合がある)、房総沖の洋上の空母おいて、空母着艦資格取得訓練(CQ:Carrier Qualification)を実施してきたところ

・本年3月30日、全ての空母艦載機部隊が厚木飛行場から岩国飛行場への移駐を完了

・今後のCQについては、基本的に九州沖の洋上の空母において実施し、CQを終えた空母艦載機は、空母に格納されるものを除き、岩国飛行場へ帰投する予定(岩国への帰投は、23時頃までで計画しているが、これを越えて帰投する場合もあり得る)

 

これまでのトピックスはこちら

厚木基地の航空機騒音にかかる国への苦情はこちらから

 

[関連情報]
オスプレイの飛来関連情報(神奈川県がオスプレイの厚木基地への飛来について情報提供しています。)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

大和市役所 市長室 基地対策課 (本庁舎3F 案内図
〒242-8601 大和市下鶴間1-1-1
電話:046-260-5310
FAX:046-260-5316
このページに関するお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る