サイト表示切替
検索の仕方

ホーム市政情報基地対策>大和市の基地対策トップ

ここから本文です。

大和市の基地対策トップ

トピックス

■2017年度(平成29年度)

4/25

空母ロナルド・レーガン艦載機の着陸訓練に関する防衛省の発表を受けて、県と厚木基地周辺9市(大和・綾瀬・相模原・藤沢・茅ヶ崎・海老名・座間・横浜・町田)は、防衛大臣に対し、日頃から騒音被害に苦しむ基地周辺住民に配慮し、訓練環境の整備等に万全を期し、全ての訓練が硫黄島で実施されることを確実にするよう、強く求めました。

4/24

防衛省は、在日米軍司令部から、5/2から5/13まで空母ロナルド・レーガン艦載機の着陸訓練を硫黄島で実施する予定である旨の通知があったことを発表しました。
 空母ロナルド・レーガン艦載機の着陸訓練について(防衛省ウェブサイト)

 これを受け、大木大和市長は在日米海軍厚木航空施設司令官ジョン F.ブッシー大佐に対し、今回の着陸訓練は天候等の事情によっては厚木基地などでも実施するとされているが、市民が被る甚大な航空機騒音被害を十分認識し、あらゆる手段を講じ、厚木基地で着陸訓練を実施することがないよう強く要請しました。また、外務、防衛大臣に対しても、同様の要請を行いました。



■2016年度(平成28年度)

3/15

防衛省南関東防衛局は本日、厚木飛行場周辺の住宅防音工事について、5月8日(月)から「住宅防音工事希望届」の受け付け対象となる住宅の建築年月日を変更することを発表しました。
 厚木飛行場周辺において住宅防音工事を希望される皆様へ(南関東防衛局ウェブサイト)

1/20

国(防衛省南関東防衛局)から大和市に対し、空母艦載機の移駐に関する情報提供がありました。概要は、
・E-2Dは、2月に第5空母航空団の一員として加わり、岩国飛行場に飛来し、E-2CからE-2Dに部隊更新する。
・E-2Dは、2,3か月程度、岩国飛行場に前方展開し、配備前訓練を実施した後、一旦、空母ロナルド・レーガンに搭載されることになる。
・第5空母航空団の厚木飛行場から岩国飛行場への移駐は、2017年後半に開始される予定であるが、早ければ2017年7月以降、空母ロナルド・レーガンが横須賀に寄港する時期になる。
・移駐計画は、今後の米側の運用により変更があり得る可能性があるが、現時点における具体的な移駐計画は次のとおり。
 ○2017年11月頃、FA-18(スーパーホーネット)の2部隊が岩国へ移駐
 ○2018年1月頃、EA-18Gの部隊及びC-2の部隊が岩国へ移駐
 ○2018年5月頃、FA-18(スーパーホーネット)の2部隊が岩国へ移駐
・この移駐に伴い、軍人等約3,800人が岩国飛行場へ移動する予定。
といったものです。 
 この情報提供を受けて、大木大和市長は「スケジュールが具体的に示され、空母艦載機移駐が、実現へ向けて着実に進められているものと捉えているが、国は一日も早く移駐を完了させ、移駐後の運用等も含め確実に市民負担の軽減に結びつけるよう、全力で取り組んでいただきたい。」とのコメントを発表しました。

1/5

国(防衛省南関東防衛局)から大和市に対し、米海軍報道発表(1/5発表)について情報提供がありました。
米海軍報道発表の概要は、
・最新の早期警戒機E-2Dホークアイが、2017年2月に旧型機E-2Cホークアイを運用する第115早期警戒飛行隊と交代し、米海兵隊岩国航空基地に前方配備される。
・米海軍は、米海軍厚木航空施設から米海兵隊岩国航空基地への第5空母航空団の固定翼機部隊の移駐を段階的に開始する予定。この移駐は、在日米軍再編の一環として、2006年5月の再編実施のための日米のロードマップに従って実施されるもの。
・段階的移駐は、日米両政府間で合意した予定に沿って行われ、2017年後半に開始される。
といったものです。
この報道発表を受けて、大木大和市長は「米海軍報道発表の中では、移駐が今年の後半に開始されることにも触れており、ようやく移駐が現実に動き出す見通しが示されたものと捉えているが、本市としては引き続き国に対し、早急且つ具体的な情報提供とともに、この移駐が一日も早く完了し、市民負担の軽減に確実に結びつくよう求めていく。」とのコメントを発表しました。

12/14

平成28年12月13日に沖縄県名護市沖の海上において、米海兵隊のMV−22オスプレイが不時着水する事故が発生したことから、県及び基地関係11市(大和市、横浜市、相模原市、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、逗子市、海老名市、座間市、綾瀬市、町田市)は要請活動を実施し、防衛大臣に対し次のことを強く求めました。
1.当該事故の原因を早急に究明し、事故原因に応じた適切な再発防止策を講ずるよう米側に求めること。
2.安全が確認されるまでは県内基地周辺に飛来しないよう米側に求めること。
3.今回の事故原因や再発防止策等の情報については、遅滞なく公表すること。

これまでのトピックスはこちら

厚木基地の航空機騒音にかかる国への苦情はこちらから

[関連情報]
オスプレイの飛来関連情報(神奈川県がオスプレイの厚木基地への飛来について情報提供しています。)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

大和市役所 市長室 基地対策課 (本庁舎3F 案内図
〒242-8601 大和市下鶴間1-1-1
電話:046-260-5310
FAX:046-260-5316
このページに関するお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る