サイト表示切替
検索の仕方

ホーム市政情報基地対策>大和市の基地対策トップ

ここから本文です。

大和市の基地対策トップ

トピックス

■2017年度(平成29年度)

12/5

防衛省南関東防衛局から大和市に対し、空母艦載機の移駐について、12月5日にC-2の部隊が岩国へ移駐した、との情報提供がありました。

12/4

空母ロナルド・レーガンが横須賀に入港しました。

12/3

防衛省南関東防衛局から大和市に対し、空母艦載機の移駐について、米側からC−2の部隊は早ければ12月4日に岩国へ移駐するとの情報提供があった、との説明がありました。

11/28

防衛省南関東防衛局から大和市に対し、空母艦載機の移駐について、11月28日にFA−18の2部隊及びEA-18Gの部隊が岩国へ移駐した、との情報提供がありました。

11/26

防衛省南関東防衛局から、空母艦載機の移駐に関する説明を受けて、大木大和市長は、「空母艦載機の移駐は、国が示したスケジュールに沿って着実に進められているとはいえ、騒音被害の主な原因であるスーパーホーネットの移駐がいよいよ開始されるものと捉えている。この移駐が、長年にわたり騒音被害に苦しんできた市民の負担軽減に確実に結び付くものとなるよう期待する。また、本年9月に5年ぶりに厚木基地で空母艦載機の直陸訓練が行われたことを踏まえ、移駐完了後の空母艦載機の運用や厚木基地周辺の騒音状況等について早急に明らかにしていただきたい。」とコメントを発表しました。

11/26

防衛省南関東防衛局から大和市に対し、空母艦載機の移駐に関する説明がありました。その中で、11月27日頃から、FA−18の2部隊及びEA-18Gの部隊が岩国へ移駐する予定であり、C-2の部隊の移駐については、現在、米側において調整中で、平成30年5月頃、FA-18の2部隊が岩国へ移駐する予定との説明がありました。

11/24

空母ロナルド・レーガン艦載機C-2が、沖の鳥島北西の海上に墜落したことを受けて、大木大和市長は在日米海軍厚木航空施設司令官に対して、速やかな情報提供及び再発防止に万全を期すとともに、航空機の安全確保の徹底について要請しました。

これまでのトピックスはこちら

厚木基地の航空機騒音にかかる国への苦情はこちらから

[関連情報]
オスプレイの飛来関連情報(神奈川県がオスプレイの厚木基地への飛来について情報提供しています。)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

大和市役所 市長室 基地対策課 (本庁舎3F 案内図
〒242-8601 大和市下鶴間1-1-1
電話:046-260-5310
FAX:046-260-5316
このページに関するお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る