サイト表示切替
検索の仕方

ホーム市政情報基地対策>厚木基地における空母艦載機の着陸訓練実施に関する防衛省の発表について

ここから本文です。

厚木基地における空母艦載機の着陸訓練実施に関する防衛省の発表について

平成29年9月1日、防衛省は、厚木基地における空母ロナルド・レーガン艦載機の着陸訓練実施について発表しました。

防衛省発表

空母ロナルド・レーガン艦載機の着陸訓練について
在日米軍司令部から、下記のとおり厚木飛行場において空母ロナルド・レーガン艦載機の着陸訓練を実施する予定である旨の連絡があったので、お知らせします。
1 着陸訓練概要
・ 訓練機種: 空母ロナルド・レーガン艦載固定翼機全機種  (FA-18E、FA-18F、EA-18G、E-2D、C-2A)
・ 訓練期間: 9月1日(金)から9月6日(水)までの日中(ただし、9月3日(日)は除く。)
※ なお、上記の期間等は、天候や航空機の整備等の事情から変更される可能性があります。
2 米側からは、今回の訓練は、台風の影響により洋上における訓練ができないことによるやむを得ないものであること、また緊急に行うこととなったため直前の情報提供となった旨の説明がありました。
3 防衛省としては、厚木飛行場周辺住民の皆様への騒音の影響が最小限となるよう配慮すること及び艦載機着陸訓練については硫黄島で行うことを引き続き米側に申し入れてまいります。
 
※この発表を受け、大木大和市長は、厚木基地及び外務省、防衛省を訪れ、在日米海軍厚木航空施設司令官マック大佐及び河野外務大臣、小野寺防衛大臣に対し、着陸訓練が厚木基地で実施されれば市民生活へ計り知れない影響を及ぼすことから、全ての着陸訓練を硫黄島で実施するよう直接強く要請しました。市では引き続き、着陸訓練を決して厚木基地で行わないよう求めてまいります。
 
(外務省で河野外務大臣に要請を行う大木市長)
 
 
 
 (厚木基地で行われている着陸訓練の実施状況を視察する大木市長(右端)と黒岩県知事ら)

問い合わせ

大和市役所 市長室 基地対策課 (本庁舎3F 案内図
〒242-8601 大和市下鶴間1-1-1
電話:046-260-5310
FAX:046-260-5316
このページに関するお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る