サイト表示切替
検索の仕方

ホームライフイベント子育て>子ども・子育て支援新制度

ここから本文です。

子ども・子育て支援新制度

子ども・子育て支援新制度とは?

『子ども・子育て支援新制度』とは、子ども・子育て関連3法(※)に基づき平成27年4月から実施されている、子ども・子育て支援の新しい仕組みです。
新制度では、『子育てについての第一義的責任は保護者が待つ』という基本的な考え方をベースとして、幼児期の教育・保育や地域の子ども・子育て支援を総合的に進めることをめざしています。

※子ども・子育て関連3法とは、以下の3つの法律の総称です。
 (1) 子ども・子育て支援法
 (2) 認定こども園法の一部改正法
 (3) 関係法律の整備法
 

こんな取組みを進めています!

(1) 保育の場を増やし、待機児童を減らして、子育てしやすい、働きやすい社会をめざしています。
(2) 幼稚園と保育所のよいところを一つにした「認定こども園」の普及を図っています。
(3) 幼児期の学校教育や保育、地域のさまざまな子育て支援の「量の拡充」や「質の向上」を進めています。
 

新制度では、ここが変わりました!

主に、幼稚園(※)や認可保育所にかかわる『給付の仕組み』、『利用の手続き』、『保育料』が変わりました。
※幼稚園については、新制度に移行した園と、現行制度のまま継続する園があります。

新制度に移行した幼稚園はこちらでご確認ください。
認可保育所はこちらでご確認ください。

なお、以下の説明は新制度に移行した場合のものです。
 

給付の仕組み

これまで幼稚園や認可保育所に対する公的な財政支援は個別に行われていましたが、新制度では、小学校就学前の子どもの教育・保育を保障するために、共通の仕組みで給付を行います。
 

利用の手続き

新制度では、幼稚園や認可保育所への申し込みとは別に、教育・保育の必要性に応じた支給認定を受けるための申請が必要です。

(1) 支給認定の種類

支給認定区分

対象

1号認定

満3歳から小学校就学前までの子どもで、
幼稚園等での教育を希望する場合

2号認定

満3歳から小学校就学前までの子どもで、
保護者の就労状況等により、保育を必要とする場合

3号認定

満3歳未満の子どもで、
保護者の就労状況等により、保育を必要とする場合


(2) 保育の必要量に応じた区分
 2号認定または3号認定を受ける方は、保護者の就労時間などの事由により、保育の必要量が、『保育標準時間』または『保育短時間』に区分されます。
 保育を利用できる時間については、『保育標準時間』は11時間、『保育短時間』は8時間になります。

(3) 支給認定の申請手続き
 ・書式のダウンロードはこちらです。
 

保育料

幼稚園や認可保育所の保育料は、国が決める基準を上限に、市町村民税などに応じて大和市が決定します。
保育料はこちらでご確認ください。
 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

こども部 ほいく課 認定入所担当(保健福祉センター2F 案内図
電話:046−260−5607 FAX:046−264−0142

ページの先頭へ戻る