サイト表示切替

ホームくらしのガイド>緊急・防犯・相談>相談>トピックス>新型コロナウイルス感染症に伴う、市民相談課で行う相談体制の変更について

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症に伴う、市民相談課で行う相談体制の変更について

新型コロナウイルスの感染拡大防止を徹底する観点から、市民相談課にて行う相談業務体制を変更しておりましたが、一部を除き感染拡大防止対策を行った上で再開いたします。
ご不便、ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解くださいますようお願いいたします。

市民相談について(相談一覧)

市民相談課で実施している相談業務については一部を除き、感染拡大防止対策(下記参照)を行った上で、7月1日(水)より面談でのご相談を再開します。相談希望の方に置かれましては、感染防止対策の内容を確認の上、来所及びご予約いただきますようお願いいたします。

<以下の感染拡大防止対策を行った上で、7月1日(水)より来所による相談を再開します。>
●来所相談に際してのご注意事項
・飛沫感染防止のため、相談員と相談者の間にパーテーションを設置して相談を実施します。
・来所される場合は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、マスクの着用をお願いします。
・受付にて非接触体温計による検温のほか、感染予防を目的としたアンケートを実施しております。

●アンケート項目
□発熱、せき、のどの痛み、だるさ、嗅覚異常などの症状がありますか?
□同居人や直近2週間の間に一緒にいた方に新型コロナウイルス感染症の方がいますか?
□2週間以内に海外にいきましたか?

上記の項目に一つでも該当がある方につきましては、来所によるご相談をお控えいただきますようお願いいたします。

市民相談課相談室にて行う相談(予約不要)の体制
相談名 相談体制
市民一般相談 7月1日(水)より面談での相談を再開します。
多重債務相談 7月1日(水)より面談での相談を再開します。
行政書士相談 7月1日(水)より面談での相談を再開します。
行政相談 7月1日(水)より面談での相談を再開します。
中高層建築物紛争相談 7月1日(水)より面談での相談を再開します。

市民相談課相談室にて行う相談(要予約)の体制
相談名 相談体制
法律相談 7月1日(水)より面談での相談を再開します。
司法書士 登記・法律相談 電話相談として受け付けています。
税務相談 7月1日(水)より面談での相談を再開します。
公証相談 7月1日(水)より面談での相談を再開します。
成年後見専門相談 7月1日(水)より面談での相談を再開します。
不動産相談 7月1日(水)より面談での相談を再開します。
住宅相談 7月1日(水)より面談での相談を再開します。
マンション管理相談 7月1日(水)より面談での相談を再開します。

高座渋谷複合ビル1階相談室にて行う相談の体制
相談名 相談体制
市民一般相談 7月1日(水)より面談での相談を再開します。
税務相談 7月1日(水)より面談での相談を再開します。
司法書士 登記・法律相談 電話相談として受け付けています。
マンション管理相談 7月1日(水)より面談での相談を再開します。
行政書士相談 7月1日(水)より面談での相談を再開します。
労働年金相談 7月1日(水)より面談での相談を再開します。
行政相談 7月1日(水)より面談での相談を再開します。
※電話相談の予約については、前日の午後3時までに市民相談課にご連絡ください。
  なお、予約については先着順のためご希望の日時に必ずしも受付できない場合がございます。あらかじめご了承ください。 
※各専門相談の開催日は、ページ右側の専門相談のリンクからご確認ください。
※上記内容を原則として、緊急的な対応が必要な場合は、事前に市民相談課にご相談ください。(046‐260-5104)

問い合わせ

市民経済部  市民相談課 (本庁舎1F 案内図
電話:市民相談係 046-260-5129

ページの先頭へ戻る