サイト表示切替

ホームくらしのガイド>緊急・防犯・相談>相談>トピックス>新型コロナウイルスに便乗した悪質商法・詐欺にご注意ください!

ここから本文です。

新型コロナウイルスに便乗した悪質商法・詐欺にご注意ください!

新型コロナウイルスの感染拡大に便乗した詐欺や悪質商法に関する相談が、全国の消費生活センターなどに寄せられています。 その中から特に、新型コロナウイルスを口実にした悪質な事例を、被害の未然防止のために紹介します。

相談事例

神奈川県警察の注意喚起ポスター
ここでは、全国から寄せられた情報をもとに、独立行政法人国民生活センターが相談事例として公表している内容について掲載します。
独立行政法人国民生活センターについてはこちら

【事例1】マスクを無料送付するというメッセージがスマートフォンに届いた
「新型コロナウイルスによる肺炎が広がっている問題で、マスクを無料送付する。確認をお願いします」と記載され、URLが付いたSMSがスマートフォンに届いた。怪しいのではないか。

【事例2】新型コロナウイルス流行拡大の影響で金の相場が上がるとして、金を買う権利を申し込むように言われた
突然自宅を訪問してきた業者から、「新型コロナウイルスの影響で中国の経済がガタガタになっている。金の相場が上がることは間違いない。今申し込めば、高騰する前の金額で金を買う枠が当たるかもしれないから、すぐに申し込んだ方が良い」と勧誘された。業者の話は事実か。

【事例3】市役所職員を名乗った不審な電話がかかってきた
市役所の職員を名乗る男から非通知で電話があり、「新型コロナウイルスが流行しているので、気を付けるようにと高齢者に電話しています」と言われた。本当に市役所が電話をしているのか。

【事例4】「行政からの委託で消毒に行く」という電話がかかってきた
「新型コロナウイルスの感染を防ぐために、行政から委託を受けて消毒に回っているが、どうか」と、業者からの電話が自宅にかかってきた。行政とはどこか、と尋ねたが答えなかった。費用はかかるのか、と聞くと「面積によって違う」と言われ、要領を得なかった。翌日も同じ業者から電話があり、「新型コロナウイルス感染防止のパンフレットを持参したい」と言われ、要らないと答えて電話を切った。悪質な業者だと思う。

【事例5】新型コロナウイルスが水道水に混ざっていると不審な電話がかかってきた
自宅に突然「新型コロナウイルスが水道水に混ざっている可能性がある。混ざっていた場合はろ過する必要がある。今からウイルスが混ざっているか調査に行くので、お宅の場所を教えてほしい」と電話があった。話し方がとても威圧的で怖かった。もし本当だとしたら市の水道局から通知があるはずだ。おかしいと思ったので、自宅の場所は教えずはっきりと断った。その後訪問もされていないし、電話もかかって来ないが、同様の被害の未然防止のため情報提供したい。

【事例6】水道局をかたり新型コロナウイルスがついているので除去すると不審な電話があった
数日前水道局をかたって、水道管にコロナウイルスがついているので除去すると携帯に電話があった。不審と思い電話を切ったが、この対応で良かったのだろうか。

【事例7】「新型肺炎に下水道管が汚染されているので清掃します」とのSMSが届いた
昨日、「新型肺炎に下水道管が汚染されているので清掃します」とのSMSがスマートフォンへ届いた。いったいこれは何なのか。

【事例8】排水管高圧洗浄のチラシを見て電話したら「排水管が新型コロナウイルスで汚染されている」と言われた
期間限定キャンペーンで排水管高圧洗浄を3,000円で行うというチラシが投函(とうかん)されていた。電話で問い合わせたところ、「排水管が新型コロナウイルスで汚染されている」「当市でも多く発生している」と言われた。料金も3,000円ではなさそうだったし不審なので断り、電話を切った。詐欺だと思うので情報提供する。

【事例9】市の新型コロナウイルス対策室を名乗り、個人情報を聞き出す不審な電話を受けた
「○○市コロナ対策室です。この度は新型コロナウイルス感染のことで、大変ご心配をおかけしています。お見舞い申し上げます。市では、このような皆様に助成金をお配りしています。お子様1人当たり3万円です。つきましてはキャッシュカードの番号又は銀行口座番号に振込みますので番号を教えてください」という電話がかかってきた。被害にはあっていないが、不審だ。

【事例10】携帯電話会社名で、新型コロナウイルス関係の助成金を配布するとのメールが届いた
「○○○(携帯電話会社名)の会員の皆様へ」とあり、「新型コロナウイルスの影響で不安な日々をお過ごしかと思います。弊社社員一同も早期解決を祈るばかりです。さて、○○○では会員様に少しでも快適な生活を送っていただくため、事態収束まで毎月「助成金配布」を決定いたしました。毎月総額「1億円」を会員の皆様に限定配布させていただきます。」というURLが添付されたメールが届いた。URLを開くと当選金として2,400万円を無料で貰えるとあり、振込口座情報を送信するようになっていた。不審だ。

【事例11】自宅の固定電話に「新型コロナウイルスの検査が無料で受けられる。マイナンバーが必要。これから自宅に行く」という電話があった
自宅の固定電話に男性の声で「新型コロナウイルスの検査が誰でも無料で受けられる」と言われた。「マイナンバーカードが必要」と言われ、持っていると伝えると「検査は自宅で受けられる簡易なものなので、これから自宅に行く」と言われた。違和感を覚えたので「市役所に確認する」と言うと、一方的に電話が切られた。詐欺ではないか。

【事例12】信用金庫の職員を名乗る電話があり、新型コロナウイルスの関係で必要と口座番号と暗証番号を聞かれた
信用金庫の職員を名乗る者から、「新型コロナウイルスの関係で確認しないといけない。口座番号の下3桁を教えてください」との電話がかかってきた。下3桁を伝えると、次に「下4桁を教えてください」と言われ、下4桁を伝えたら、暗証番号を聞かれた。暗証番号を答えたかどうかは覚えていない。

 

対処方法

上記事例のように、様々な手口がありますが、こうした電話はすぐに切り、メールは無視してください。

特に助成金などを理由に個人情報を確認する電話やメールは詐欺の疑いがあります。
また、口座情報を聞かれても絶対に教えたり、キャッシュカードや通帳を送付したりしないでください。

対応などについてご不安な場合は、大和市消費生活センターにご相談ください。消費生活相談員が対応についてご助言させていただきます。

大和市消費生活センター
電話:260−5120
開設日 :月〜金曜日(祝日を除く)
開設時間:午前9時30分〜午後4時
※開設日を除く、詐欺など緊急の内容については大和警察署にご相談ください(261−0110)

問い合わせ

市民経済部  市民相談課 (本庁舎1F 案内図
市民一般相談:046-260-5104   消費生活センター:046-260-5120

ページの先頭へ戻る