サイト表示切替
 

ホーム市政情報市内のニュース>地域一丸で高齢者を守る「やまと高齢者あんしんネットワーク」を設立

ここから本文です。

地域一丸で高齢者を守る「やまと高齢者あんしんネットワーク」を設立

2020年3月10日

 大和市は、大和警察署と市内介護保険事業者とともに、「やまと高齢者あんしんネットワーク」を3月10日に設立しました。同ネットワークは、大和市と大和警察署、市内介護保険事業者49社が連携した組織で、こうした取り組みは県内初となります。

 近年は高齢化の進展に伴い、高齢者を取り巻く犯罪や事故被害が増加。振り込め詐欺などの特殊詐欺や、被害者にも加害者にもなってしまう可能性のある交通事故、介護疲れ等による虐待、認知症に伴うはいかいなど、重大事件に発展するものも多々あります。

 こうした事件・事故を未然に防ぐには、管轄ごとの役割分担にとらわれず、関係機関が連携して情報を共有することが重要です。合わせて、高齢者の皆さんへ注意を促したり、啓発したりできる体制も必要との考えから、千葉証(しょう)・大和警察署長と大木哲・大和市長の協議により、大和警察署、大和市、そして日常的に高齢者とかかわる市内介護保険事業者が連携する「やまと高齢者あんしんネットワーク」の設立に至りました。

 同ネットワークでは、市内で発生する特殊詐欺犯罪の注意喚起や、交通事故防止に関する啓発、はいかいされている方の捜査協力など、相互に連携して実施します。こうした取り組みにより、高齢者とそのご家族が安心して暮らせる街づくりの実現を目指します(個人情報に関しては、承諾を得ているものを除き、共有することはありません)。

 この日、大和市役所で開催された設立式には、千葉署長と大木市長などが出席(新型コロナウイルス感染拡大防止のため、介護保険事業者は欠席)。千葉署長は「市内に居住する高齢者とそのご家族が安心、安全に暮らせる街づくりを実現するため、特殊詐欺や虐待の防止、はいかい時の保護、交通事故防止について、大和市と市内の介護保険事業者と連携して対応していきます」などと話していました。大木市長は「このネットワークは、今まで以上に、高齢者の安全確保を図ることができる極めて有効な組織だと認識しております。今後さらなる高齢化が進展する中、情報共有などによって連携して、犯罪や事故の防止に取り組んでまいります」などと述べました。


問合せ先:大和市役所 生活あんしん課(市役所1階)  TEL 046−260−5048

問い合わせ

上記の情報は、登録日時点での内容となっています。
「市内のニュース」に関する問い合わせは、
市長室 広報広聴課 市政PR戦略係(本庁舎3F 案内図
電話:046-260-5314 FAX:046-261-4592

ページの先頭へ戻る