サイト表示切替

ホームくらしのガイド>健康・福祉>健康・医療>トピックス>大和市長からのお知らせ

ここから本文です。

大和市長からのお知らせ

3月30日時点の大和市長からのお知らせを、ユーチューブにアップしました。
前編は、直近の大和市の取り組みをご紹介し、後編は、今後の感染状況などについての考察となります。
ぜひ、ご視聴ください。

前編




後編

過去の動画等

過去にお知らせした内容を、こちらに掲載しています。

「大和市長 新型コロナウイルス感染予防に関するお知らせ(3月3日時点)」

大和市長の大木哲です。新型コロナウイルスの感染予防について、市民の皆様には大変なご心労とともに、ご不便な日々をお過ごしのことと思います。大和市では、市民の皆様の安全・安心の確保に向け、全力で感染拡大の防止に取り組んでおります。
具体には、新型コロナウイルスが指定感染症に定められた1月28日には対策会議を開催し、30日に市内すべての8駅13か所で、感染予防の方法やコールセンターを網羅したチラシを配布させていただきました。さらに、市が開催する3月末までの約100のイベント等の事業を中止または延期させていただき、3月1日からは市内公共施設の大多数を休館しております。
そのような中、先週の金曜日(2月28日)には、政府から全国すべての小・中学校を休校するよう要請がありました。これを受け、市では市立小・中学校を3月2日から24日まで、臨時休業することといたしました。また、この間、すでに休業中のお子さんの居場所の確保が困難であることが分かっている、共働き家庭や独り親家庭を支援するため、放課後児童クラブの通常の支援員170名に加え、146名を緊急増員し、計316名体制で子どもたちの受け入れ体制を確保しています。さらに、すべての小・中学校と市教育委員会に専用の電話相談窓口を開設し、保護者の皆様の不安を払拭するよう努めているところです。なお、この窓口に寄せられる相談の中で、お子さんの自宅待機が困難との保護者の方に対しては、学校であずかることも含めた対応を進めております。
このほか、アルコール消毒液と同等以上の消毒能力を有する、次亜塩素酸水生成装置の導入や、市内の高齢者施設217か所に対し、感染予防に関する注意喚起も行っております。また、大和市議会においては、市職員が万全の体制で感染防止に取り組めるよう、3月定例会議の一般質問を取りやめることとなりました。
国は、感染拡大を防止するには、ここ1、2週間が山場との見解を示しております。市民の皆様には、少しでも風邪症状などがあれば外出を控える、手洗いと咳エチケットの徹底について、引き続きご協力をお願いいたします。

大和市長 大木 哲



音声ファイルをお聞きになりたい方は、こちらをご視聴ください。
なお、この内容は、FMやまとでも放送されています。

問い合わせ

市長室 広報広聴課 市政PR戦略係(本庁舎3F 案内図
電話:046-260-5314 FAX:046-261-4592

ページの先頭へ戻る