サイト表示切替
検索の仕方
 

ホーム市政情報市内の ニュース>ゆとりの森「修景池ゾーン」オープングセレモニーを開催

ここから本文です。

ゆとりの森「修景池ゾーン」オープングセレモニーを開催

2009年7月11日

ソメイヨシノの苗木8本を記念植樹

ソメイヨシノの苗木8本を記念植樹

 市では、厚木基地の南側に、ゆとりの森の整備を進めており、その一部である「修景池ゾーン」が7月1日オープンした。これを記念して11日、修景池ゾーン「風の橋」南側広場でオープニングセレモニーが行われた。

 今回オープンした修景池ゾーンは、東京ドームとほぼ同じ面積で、緩やかな斜面の芝生と中心部のせせらぎから成っている。訪れる人に楽しんでもらおうと広大な芝生斜面を利用した広場にソメイヨシノやシダレザクラなどを植栽したほか、見晴らしの良い展望デッキや子どもが遊べるふわふわドームを設置するなど、さまざまな工夫をしている。

 開会にあたり、大木哲大和市長は「緑一色である芝生を体感できる素晴らしい場所です。一生懸命に作ってくれた人たちに感謝したい」とあいさつ。

 同セレモニーでは、修景池ゾーン各施設の概要や楽しみ方などを紹介したほか、今後設置する施設の整備計画と進捗状況を説明。その後、主催者及び出席した来賓などによりソメイヨシノの苗木8本を記念植樹した。セレモニーの後には、来訪者に花の苗が配られた。

今回オープンした修景池ゾーンの施設概要は下記のとおり。

芝生広場・・・お弁当を広げて楽しむことができるくつろぎの空間。

せせらぎ・・・周りを自然石で囲まれた、浅く小さな流れ。周辺に植えられたシバザクラやあじさいなどが四季の移り変わりを演出する。

展望デッキ・・・公園内で一番高い位置にあり、同ゾーンが一望できる。また、天気がいいと富士山が見える。

風の橋・・・木製の歩行者専用橋。修景池ゾーンのほぼ中央に位置し、公園のシンボル的な存在。

四季の橋・・・同ゾーンの北側園路上に設けた橋で、花畑などが見渡せる。

ふわふわドーム・・・大きな膜を膨らませた山型のトランポリン。幼児が飛び跳ねるなどして楽しめる。

       問い合わせ:みどり公園課(260)5450

問い合わせ

上記の情報は、登録日時点での内容となっています。
「市内のニュース」に関する問い合わせは、
市長室 広報広聴課 広聴担当(本庁舎3F 案内図
電話:046-260-5314 FAX:046-261-4592

ページの先頭へ戻る