サイト表示切替
 

ホーム市政情報市内のニュース>大和市上和田の薬王院で「双盤念仏」

ここから本文です。

大和市上和田の薬王院で「双盤念仏」

2013年9月9日

  薬王院(大和市上和田2710)で7・8日の二日間にわたって、大和市指定重要無形民俗文化財に指定されている「双盤(そうばん)念仏」が、上和田薬王院双盤念佛保存会によって実施された。

 この念仏は、「双盤鉦(がね) 」という鉦と太鼓の音に合わせて念仏を唱えるもので、無病息災、家運隆昌のご利益があるとされている。音声に抑揚をつけて長く引き伸ばして阿弥陀(あみだ)仏の名を繰り返し唱える「引声(いんぜい)念仏」の一種であり、薬王院の双盤念仏は、鎌倉光明寺で行われている同念仏の系統を引いたものとされている。

 薬王院の本尊の薬師如来像は秘仏で、12年に一度、寅年にご開帳されている。この薬師如来は眼病に霊験あらたかとされ、7・8日に売られる「薬師生姜」という芽ショウガを食べると眼病に効能があるといわれている。

 

問い合わせ:文化振興課(大和市役所2階) TEL046(260)5225

問い合わせ

上記の情報は、登録日時点での内容となっています。
「市内のニュース」に関する問い合わせは、
市長室 広報広聴課 市政PR戦略係(本庁舎3F 案内図
電話:046-260-5314 FAX:046-261-4592

ページの先頭へ戻る