サイト表示切替
検索の仕方
 

ホーム市政情報市内の ニュース>「第6回健康都市連合国際大会」が香港で開催!大和市が「健康都市優秀インフラストラクチャー賞」を初受賞

ここから本文です。

「第6回健康都市連合国際大会」が香港で開催!大和市が「健康都市優秀インフラストラクチャー賞」を初受賞

2014年10月30日

 「第6回健康都市連合国際大会」が29〜31日の3日間、中国・香港特別行政区の西貢(さいくん) 区で開催。大和市が同大会内で「健康都市やまと」の取り組みを発表したほか、「健康都市優秀インフラストラクチャー賞」を受賞した。

 同連合は、WHO(世界保健機関)西太平洋地域事務所が提唱し、「人」と「人をとりまく環境」の両面から健康を増進する「健康都市」作りに取り組む都市間ネットワーク。9月30日現在で10か国から213の都市、政府機関、NGO、大学などが加盟している。大和市も平成20年に同連合に加盟。平成24年10月から日本を代表して理事を務めている。

 同大会には、加盟団体などから19か国900人以上が参加。「すべての政策で健康を」をメインテーマに、各国の健康都市に関する取り組みに関する講演などが実施された。

 大会の冒頭では、香港特別行政区行政府で行政長官に次ぐ政務長官にあたるキャリー・ラム政務司司長の講演が行われた。エボラ対策に関する行政府食物・衛生局局長とWHOによる講演が香港を代表する新聞であるサウス・チャイナ・モーニング・ポスト紙の一面で報じられるなど、多くのメディアが取材をしていた。

 初日の29日には、大木哲・大和市長が基調セッションで「すべての政策で3つの健康を 〜健康都市やまとの取り組み〜」をテーマに発表。大和市が実施している不妊治療や不育症治療に対する費用助成などの子育て支援、コミュニティーバスの運行、健康遊具の設置などの施策を紹介した。同じく29日に開催された表彰式では、同連合から大和市に「健康都市優秀インフラストラクチャー賞」が授与された。同賞は、市政としての健康な公共政策の推進などに取り組んでいる自治体に贈られるもの。同賞を受賞した自治体は、国内では大和市が初めてとなる。

 大木市長は、「今回の受賞をとても光栄に思います。今後も、健康を市政運営の中心に据えて、さまざまな施策を進めていきます」と話していた。

 なお、健康都市連合国際大会と大和市の受賞については、以下の健康都市連合日本支部のページ(外部サイト)でも紹介されている。
http://japanchapter.alliance-healthycities.com/kokusai6.html

問い合わせ:政策総務課(大和市役所3階) TEL046(260)5327

問い合わせ

上記の情報は、登録日時点での内容となっています。
「市内のニュース」に関する問い合わせは、
市長室 広報広聴課 広聴担当(本庁舎3F 案内図
電話:046-260-5314 FAX:046-261-4592

ページの先頭へ戻る