サイト表示切替
検索の仕方
 

ホーム市政情報市内の ニュース>「第4回健康寿命をのばそう!アワード」で厚生労働省健康局長優良賞を受賞

ここから本文です。

「第4回健康寿命をのばそう!アワード」で厚生労働省健康局長優良賞を受賞

2015年11月17日

 大和市は16日、丸ビルホール(東京都千代田区)で開催された「第4回健康寿命をのばそう!アワード」の表彰式で、厚生労働省健康局長優良賞(自治体部門)を受賞した。

 同アワードは、厚生労働省所管のスマート・ライフ・プロジェクトが平成24年度から毎年募集しているもの。生活習慣病予防の啓発活動の普及・奨励を目的としている。「生活習慣病予防分野」と「介護予防・高齢者生活支援分野」の2分野があり、各分野に取り組む自治体や企業、団体を表彰する。

 今回、大和市は「生活習慣病予防分野」に応募。応募総数125件(自治体部門39件)の中から同賞を獲得した。同アワードで受賞するのは、県内自治体で初めてとなる。

 応募に当たり、大和市が挙げた取り組みは、「外出したくなるまちづくり」、「保健師・管理栄養士の地域訪問活動」の二つ。

 「外出したくなるまちづくり」では、コミュニティバスの路線の拡充、健康遊具の設置、健康をコンセプトにした図書館の設置の三つを紹介。大和市では、外出機会を増やして心身の健康につなげようと、平成26年度にコミュニティバス「やまとんGO」の運行を市内4地域8ルート分拡大した。また、身近な公園で体を動かしてもらおうと、平成29年度までに約100か所の公園に健康遊具を設置することとしている。さらに、現在大和駅東側に建設中の「文化創造拠点」内の図書館は、健康をコンセプトとし、健康に関する図書の充実、健康チェックのための器具の設置などを予定している。

 「保健師・管理栄養士の地域訪問活動」は、平成25年度から市内モデル地区で実施している事業。同活動では、市の保健師・管理栄養士が高血糖や低栄養状態の市民の自宅を訪問し、各種健診の受診勧奨や栄養指導などを含む保健指導をしている。平成28年度には、市内全域での実施を予定している。

 

問い合わせ:政策総務課(大和市役所3階) TEL046(260)5327

問い合わせ

上記の情報は、登録日時点での内容となっています。
「市内のニュース」に関する問い合わせは、
市長室 広報広聴課 広聴担当(本庁舎3F 案内図
電話:046-260-5314 FAX:046-261-4592

ページの先頭へ戻る