サイト表示切替
検索の仕方
 

ホーム市政情報市内の ニュース>鎌田選手は見事全国優勝!「JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会」の戦績を市内在住の3選手が大和市長に報告

ここから本文です。

鎌田選手は見事全国優勝!「JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会」の戦績を市内在住の3選手が大和市長に報告

2016年12月27日

 「第10回JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会」に出場し、優秀な成績を収めた大和市在住の3選手が27日、大和市役所を訪問。大木哲・大和市長に同大会の戦績を報告した。

 同大会は、流派を超えたフルコンタクト空手による全国大会。今年は国立代々木競技場第一体育館(東京都渋谷区)で11月19・20日の2日間の会期で開催された。一般社団法人JKJOフルコンタクト委員会の主催。

 今回、同大会に出場したのは、鎌田槙(しん) さん(16歳、藤嶺学園藤沢高等学校1年)、佐野瑞祇(みずき)さん(9歳、市立大和東小学校3年)、山口叶来也(ときや)さん(6歳、市立若草保育園年長)の3選手。3選手とも市内を中心に活動する武道団体「フルコンタクトカラテスクール」(大和市鶴間)に所属している。

 鎌田さんは、同大会の「高校男子(70kg未満)の部」に出場。38選手が出場したトーナメントを見事勝ち抜き初優勝した。佐野さんは、「小学3年女子の部」に出場。23選手が出場したトーナメントで4回戦まで進出し、ベスト8の好成績を収めた。山口さんは、「幼児男子の部」に出場。34選手が出場したトーナメントで4回戦まで進出し、見事第3位に輝いた。

 この日、同市役所を訪れたのは、3選手や佐野貴美子・フルコンタクトカラテスクール代表など6人。戦績報告を受けた大木市長は「市内に3人もこのような素晴らしい選手がいるのは嬉しいことです。皆さんはまだ若いので、これからも楽しみです。夢や目標をもって頑張ってください」などと述べた。鎌田さんは「大会前に11年間お世話になった師範が亡くなり、簡単には負けられないという気持ちで一戦一戦を戦いました」、佐野さんは「今回優勝できず悔しかったので、来年は優勝を目指します」、山口さんは「来年は優勝します」と話していた。

問合せ先:大和市役所 スポーツ課(大和スポーツセンター内) TEL 046(260)5762

問い合わせ

上記の情報は、登録日時点での内容となっています。
「市内のニュース」に関する問い合わせは、
市長室 広報広聴課 広聴担当(本庁舎3F 案内図
電話:046-260-5314 FAX:046-261-4592

ページの先頭へ戻る