サイト表示切替
検索の仕方
 

ホーム市政情報市内の ニュース>テーマは「しっかり 食べて 強くなる!」 「第3回やまと食育フェア」を開催

ここから本文です。

テーマは「しっかり 食べて 強くなる!」 「第3回やまと食育フェア」を開催

2017年8月22日

 食育に関する取り組みなどを紹介する「第3回やまと食育フェア」が22日、イオンモール大和(大和市下鶴間1-2-1)で開催され、多くの市民などでにぎわった。

 同フェアは、市民の食を通じた心身の健康増進と豊かな人間形成を目的に実施されたもので、今回で3回目となる。大和市の主催。

 今回のテーマは、「しっかり 食べて 強くなる!」。会場には、特設ステージや展示ブースなどが設置され、食生活改善推進協議会などの食育に関する地域団体や、食育関連企業なども参加した。

 特設ステージでは、スペシャル企画として、横浜F・マリノスのホームタウンふれあい事業部担当部長で食育インストラクターの資格を持つ望月選 )氏による食育トークショーを実施。「サッカー選手たちは、試合のためにしっかり食べて『いい準備』をしています。試合や試験の前日には、揚げ物は避けた方がよいです。皆さんも早寝・早起き・朝ごはんなどを心がけて、『いい準備』をしてください」など、食育に重要なポイントをエピソードも交えながら紹介したほか、横浜F・マリノスの公式マスコット「マリノスケ」も登場した。体や頭を動かす準備としての食の大切さを伝える講演に、子どもも大人も熱心に耳を傾けていた。

 このほかにも、市立保育園の園児による「食育のうた」の発表や食育絵本の読み聞かせ、食事が美味しく感じる効果があるとされる口の体操「お口の健 )(こう)体操」などが実施された。

 展示、体験ブースでは、学校や保育園、地域などで実施している食育の取り組みなどがパネルで展示された。また、アスリートには特に欠かせないヘモグロビン値を測定する「貧血簡単チェック測定」は、採血をせずに機械に指を乗せるだけで測定ができ、来場者から驚きの声が上がっていた。このほか、ガムを使って噛む力をチェックする「噛むかむチェック」や歯科相談なども実施された。

 子どもと一緒に会場を訪れていた福田在住の伊藤朝子さん(40歳)は「一日に必要な量の野菜などの目安を、手に乗せることで量れることを知ったので、今後実践していきたいです」と話していた。

問合せ先:大和市役所 健康づくり推進課(市保健福祉センター4階)TEL:046−260−5663

問い合わせ

上記の情報は、登録日時点での内容となっています。
「市内のニュース」に関する問い合わせは、
市長室 広報広聴課 広聴担当(本庁舎3F 案内図
電話:046-260-5314 FAX:046-261-4592

ページの先頭へ戻る