サイト表示切替
検索の仕方
 

ホーム市政情報市内の ニュース>市内農家が丹精込めて育てた果物がずらり!「平成29年度大和市果樹持寄品評会」を開催

ここから本文です。

市内農家が丹精込めて育てた果物がずらり!「平成29年度大和市果樹持寄品評会」を開催

2017年8月22日

 大和市園芸協会果樹部所属の市内農家が育てた果物の出来栄えを競う「平成29年度大和市果樹持寄品評会」が22日、大和市役所で開催された。

 同品評会は、市内農家の生産技術の向上と市内で栽培された果物のPRを目的に毎年実施しているもの。大和市の主催。

 この日は、13農家が丹精込めて育てたナシ18点、ブドウ11点、リンゴ3点の計32点が持ち寄られた。審査は神奈川県農業技術センター職員1人とさがみ農業協同組合職員1人の計2人が担当。品評台に並べられた果物の大きさや形、色具合、重さなどを一つ一つ丁寧に審査した。

 審査の結果、「優等」1点、「一等」2点、「二等」4点、「三等」5点が決定。「優等」には小嶋幸隆さんのブドウ(品種:藤稔)が選ばれた。

 審査員は「8月に入ってから曇りや雨の日が多く、日照不足が続いたため、ナシは熟度、ブドウは色づきや劣化などを心配していました。そのような中でも上位に入賞した果樹は、どれも品質が良かったと思います。特に優等のブドウは、色づき、粒張りがともによかったです」と講評していた。

 また、審査後には、出品された果物の展示や販売を実施。訪れた人たちが次々と買い求めていた。

 優等と一等の入賞者は、秋に開催される「大和市産業人表彰式」で表彰される。

問合せ先:大和市役所 農政課(大和市役所4階) TEL 046−260−5132

 

問い合わせ

上記の情報は、登録日時点での内容となっています。
「市内のニュース」に関する問い合わせは、
市長室 広報広聴課 広聴担当(本庁舎3F 案内図
電話:046-260-5314 FAX:046-261-4592

ページの先頭へ戻る