サイト表示切替

 

ホーム市政情報市内の ニュース>丸山桂里奈さんとサッカーしよう!「大和なでしこサッカーフェスティバル」を開催

ここから本文です。

丸山桂里奈さんとサッカーしよう!「大和なでしこサッカーフェスティバル」を開催

2018年1月20日

 元なでしこジャパンの丸山桂里奈さん(34歳)らを講師に招いた「大和なでしこサッカーフェスティバル」が20日、大和ゆとりの森の大規模多目的スポーツ広場(大和市福田4112)で開催されました。
 「女子サッカーのまち」を目指している大和市では、女子サッカーへの関心を高めることを目的に、一年を通じてさまざまなイベントを実施しています。同フェスティバルもこの一環として毎年実施しているもので、今回で5回目。一昨年は元なでしこジャパンの川上直子さんを、昨年は同じく元なでしこジャパンの海堀あゆみさん、永里亜紗乃さんを講師に迎えています。
 今回講師を務めた丸山さんは、2011年FIFA女子ワールドカップドイツ大会などに出場。この大会で丸山さんは、準々決勝のドイツ戦で決勝点となるゴールを決めるなど、日本の初優勝に貢献しました。
 この日は、丸山さんのほか、大和市ホームタウンチーム「大和シルフィード」のコーチと選手も講師を務めました。
 今回のフェスティバルには、下は4歳から上は45歳まで、約100人が参加。前半は、4つのグループに分かれ、ドリブルやシュートなどの練習メニューに取り組みました。丸山さんは、「ディフェンスを引きつけて、裏をとろう」とアドバイスするなど、熱心に指導していました。
 後半は、講師陣も参加してのミニゲームを実施。講師たちの華麗なプレーが何度も見られ、参加者からは大きな歓声が上がりました。
 閉会式で、丸山さんは「現役引退してから一番汗をかきました。大和市は女子サッカーのまちを掲げて熱い取り組みをされていると感じたので、そのことを全国に伝えていこうと思います」と話していました。
 参加していた篠原雛(ひな)さん(福田小3年、9歳)は「シュートを決めたり、ドリブルしたり、いつもよりうまくできてよかったです。丸山さんのように、強いシュートやドリブルができるようになりたいです」と話していました。
 
問合せ先:大和市役所 スポーツ課(大和スポーツセンター内) TEL046−260−5763

問い合わせ

上記の情報は、登録日時点での内容となっています。
「市内のニュース」に関する問い合わせは、
市長室 広報広聴課 広報担当(本庁舎3F 案内図
電話:046-260-5314 FAX:046-261-4592

ページの先頭へ戻る