サイト表示切替
検索の仕方
 

ホーム市政情報市内の ニュース>大和市長が新採用職員への辞令交付と年度始めの訓示

ここから本文です。

大和市長が新採用職員への辞令交付と年度始めの訓示

2018年4月2日

 大和市役所の平成30年度4月新採用職員の辞令交付式が2日、大和市役所(大和市下鶴間1−1−1)と大和市消防本部(大和市深見西4-4-6)で実施されました。。
 今回の採用は、行政職44人(事務職29人、建築職1人、化学職2人、電気職2人、機械職2人、保健師3人、管理栄養士2人、保育士3人)、医療職56人(市立病院の医師24人、薬剤師1人、言語聴覚士1人、臨床検査技師2人、看護師28人)、消防職10人。。
 市役所で実施された式には、大木哲・大和市長、井上昇・金子勝・両副市長、柿本髟v・教育長、五十嵐俊久・市立病院長のほか、各部長が出席。大木市長から、新採用職員代表の豊田麻那(あさな)さんに採用辞令が手渡されました。続いて、新美(にいみ)周平さんが「公務を民主的かつ能率的に運営すべき責務を深く自覚し、全体の奉仕者として、誠実かつ公正に職務を執行することを固く誓います」と力強く宣誓しました。
 また、市役所正面玄関前の「市役所だれでも広場」で、幹部職員をはじめとする職員約300人を前に、大木市長による年度始めの訓示を実施。大木市長は、大和市が5つのキーワードとして掲げている『あいさつ』『笑顔』『スピード感』『市民目線』『ありがとう』について改めて話しました。そして、人生や仕事を月の満ち欠けに例え、「満月は長くは続きませんが、見えなくなったと思ったら盛り返して、また満月になります。良い時に驕ることなく、細くなってきても弱音を吐くことなく、ぜひ頑張ってください」と激励しました。さらに、「今年度は、皆さんに『気』という言葉を贈ります。『元気』『病気』『やる気』『空気』『天気』など、私たちは『気』に囲まれていると言っても過言ではありません。誰でも等しく持つことができる『気』を大切にしてください」と語りました。
 訓示後には、南林間自治会連合会の南林間レディエンジェルス&あいさつの会のメンバーが登場。「健康都市やまと」実現のために市民自らができることを考え、地域や人の絆づくりを目指して取り組んでいる「あいさつ運動」の一環であるパフォーマンスを披露しました。また、今年は新たなスローガンとして、「あ」「い」「さ」「つ」の4文字を頭文字とした「ありがとうを」「いつでも」「さわやかに」「つたえよう」と呼びかけるなど、職員の意識高揚に一役買っていました。 
 
問合せ先:大和市役所 人財課(大和市役所3階) TEL 046−260−5338

問い合わせ

上記の情報は、登録日時点での内容となっています。
「市内のニュース」に関する問い合わせは、
市長室 広報広聴課 広聴担当(本庁舎3F 案内図
電話:046-260-5314 FAX:046-261-4592

ページの先頭へ戻る