サイト表示切替
検索の仕方
 

ホーム市政情報市内の ニュース>大和市消防が「はしご登はん」1位で全国に!県消防救助技術指導会の結果を市長に報告

ここから本文です。

大和市消防が「はしご登はん」1位で全国に!県消防救助技術指導会の結果を市長に報告

2018年6月13日

 「第43回神奈川県消防救助技術指導会」(主催:神奈川県消防長会)で第1位の成績を収めた大和市消防職員が13日、大和市役所で大木哲・大和市長に結果の報告をしました。

 今回の指導会は、6月12日に神奈川県総合防災センター(厚木市下津古久)で開催され、県内24の消防本部及び消防局の消防職員674人が参加。陸上の部と水上の部各7種目の競技で消防救助技術を競いました。大和市消防は、陸上の部「障害突破」「はしご登はん」「ほふく救出」「引揚救助」の4種目に出場。「はしご登はん」で46人中1位、「ほふく救出」で36チーム中3位と好成績を収めました。

 この結果、「はしご登はん」で第1位の諸星(もろほし)俊二・消防副士長(27歳、南分署第二消防隊所属)が8月24日に京都市消防活動センターで開催される「第47回全国消防救助技術大会」に出場することが決定しました。「はしご登はん」は、災害建物への進入など、消防活動の基本となる訓練で、命綱を自身に結び付けた後、垂直はしごを15メートルの到達地点まで登はんし、その安全性と所要時間を評価する訓練です。

 今回、報告に訪れたのは、土田孝司(たかし)・消防長、樋口浩司(ひろし)・南分署長、諸星俊二・消防副士長の3人。

 結果報告を受けた大木市長は「実力は全国でもトップレベルとのことで、その実力を発揮できるかどうかが大切になると思います。全国大会でもぜひ頑張って、悔いのない戦いをしてください」と激励しました。諸星副士長は「自分らしくできたことが結果に繋がったと思います。県大会同様、全国大会でも優勝目指して頑張りたいと思います」と話していました。
 
問合せ先:大和市消防署管理課(市消防本部1階) TEL:046−260−5779

問い合わせ

上記の情報は、登録日時点での内容となっています。
「市内のニュース」に関する問い合わせは、
市長室 広報広聴課 広聴担当(本庁舎3F 案内図
電話:046-260-5314 FAX:046-261-4592

ページの先頭へ戻る