サイト表示切替

 

ホーム市政情報市内の ニュース>市内最高年齢109歳の女性などに大和市長が敬老祝品を贈呈

ここから本文です。

市内最高年齢109歳の女性などに大和市長が敬老祝品を贈呈

2018年9月6日

 大木哲・大和市長は6日、市内最高年齢の勝田(かつた)みつさん(109歳)などに敬老祝品を贈り、長寿を祝いました。
大和市では、9月15日〜21日の「老人週間」、9月17日の「敬老の日」にちなみ、市内在住者の長寿を祝い、対象者に敬老祝品を毎年度贈呈しています。

 敬老祝品の贈呈対象者は、88歳(米寿)、90歳(卒寿)、95歳、99歳(白寿)、100歳以上の人。今年度の対象者数(8月29日現在)は、88歳が693人、90歳が527人、95歳が159人、99歳が55人、100歳以上が85人の計1,519人となっています。

 敬老祝品は、民生委員・児童委員や市職員を通じて贈呈対象者に贈っています。このうち、市内最高年齢の人、市内全10か所の特別養護老人ホームなどに入所する贈呈対象者、養護老人ホーム1か所に入所する贈呈対象者に対しては、市長が直接渡しています。
この日、大木市長は特別養護老人ホーム「和喜園」(大和市下和田822−1)などを訪問。勝田さんなどが参加する同園の敬老祝品贈呈式に出席しました。

 はじめに、大木市長が「勝田さんはこの3年間大和市内で一番の長寿でいらっしゃいます。このたびはおめでとうございます」とあいさつ。その後、勝田さんなど贈呈対象者に敬老祝品を手渡しました。続いて、受贈者を代表して勝田さんが「皆さまからお祝いの言葉を賜りまして感謝しています」と述べました。


問合せ先:大和市役所 高齢福祉課(保健福祉センター4階) TEL 046−260−5611

問い合わせ

上記の情報は、登録日時点での内容となっています。
「市内のニュース」に関する問い合わせは、
市長室 広報広聴課 広報担当(本庁舎3F 案内図
電話:046-260-5314 FAX:046-261-4592

ページの先頭へ戻る