サイト表示切替

 

ホーム市政情報市内の ニュース>大和市と大和警察署で「振り込め詐欺撲滅に向けた共同宣言」を行いました

ここから本文です。

大和市と大和警察署で「振り込め詐欺撲滅に向けた共同宣言」を行いました

2018年10月9日

振り込め詐欺撲滅に向けた共同宣言

私たちは市内で多発する
振り込め詐欺を撲滅するため
それぞれが持てる力を発揮するとともに連携し
この取り組みを
本日開始することをここに宣言します。
平成30年10月9日 
大和市長 大木 哲 
大和警察署長 小林 仁
 
 大和市と大和警察署は9日、さらなる連携強化を図り、振り込め詐欺撲滅に向けた強い意志を対外的に表すため、「振り込め詐欺撲滅に向けた共同宣言」を行いました。
 
 大和市の犯罪認知件数は、平成15年のピーク時と比較し大きく減少していますが、振り込め詐欺の被害は近年、増加傾向にあります。特に平成29年は、振り込め詐欺の被害件数が101件と、前年のおよそ2倍に急増し、約1億5,500万円の被害がありました。振り込め詐欺は犯人による電話から始まることが多いことから、大和市は、電話を受信した際に音声を録音する旨のメッセージが流れ、会話を自動で録音できる機能を備えた電話機などを購入した70歳以上の人に対して、補助金の交付を10月1日に開始したところです。
 
 この日、大木大和市長と小林大和警察署長はイトーヨーカドー大和鶴間店(大和市下鶴間1−3−1)の2階屋外で、買い物などに訪れた市民などが見守る中、宣言文を読み上げました。大木哲・大和市長は「市民の皆様、大和警察署、大和市が三位一体となって振り込め詐欺の撲滅に取り組んでいけるようお力添えをお願いします」などと述べました。また、小林仁・大和警察署長は「大和市役所、市民の皆様と協力して、1件でも多く振り込め詐欺を減らし、皆様の安全を守ってまいります」などと述べました。
 
 その後、大和・綾瀬地区防犯指導員連絡会、大和女性防犯会も協力し、10月1日にスタートした補助金のPRや振り込め詐欺防止啓発グッズの配布をするキャンペーンを行いました。
 
問合せ先:大和市役所 生活あんしん課(市役所1階) TEL 046−260−5162

問い合わせ

上記の情報は、登録日時点での内容となっています。
「市内のニュース」に関する問い合わせは、
市長室 広報広聴課 広報担当(本庁舎3F 案内図
電話:046-260-5314 FAX:046-261-4592

ページの先頭へ戻る