サイト表示切替

 

ホーム市政情報市内の ニュース>元世界陸上競歩日本代表の明石顕さんが実技指導!ウォーキングセミナーを開催

ここから本文です。

元世界陸上競歩日本代表の明石顕さんが実技指導!ウォーキングセミナーを開催

2018年10月14日

 大和市は14日、健康増進や介護予防などに効果の期待できる「歩く」ことによる健康づくりを推進するため、元世界陸上競歩日本代表の明石顕さんを講師に招き、実技指導を交えたウォーキングセミナーを保健福祉センターで実施しました。

 この日講師を務めたのは、2007年世界陸上競技選手権大阪大会に競歩日本代表として出場した明石顕さん。セミナーに参加した市民など62人に、講義と実技を交えて正しい歩き方の基本について指導しました。

 まずは、講義形式で正しい歩き方の基本について、ウオーキングフォームのポイントなどを競歩のルールや特長を取り入れながら、身振り手振りを交えて説明していました。

 次に、実技形式では、理論だけでは理解が難しい腰の動きを意識したウオーキングの練習などを、明石さんがポイントを説明し見本を示した後、参加者と一緒に何度も歩いて、理解を深めていました。

 最後の質疑応答では、「腰を使って歩くと、長く歩く時にも疲れにくいのでしょうか」との参加者からの質問に対して、明石さんは「腰を使うことで無理なく歩幅が拡がります。また、足から下だけで歩く時より、腰から下で歩くと、より広い範囲の筋肉を使うことで筋肉の負担を減らし、長い時間歩けます」などと答えていました。さらに、参加者からのリクエストで実際の競歩を披露。本物の迫力を前にした参加者は「テレビで見る競歩とは違うスピードに驚いた」と、会場は拍手と歓声に包まれていました。

 セミナーに参加した宮澤稔(とし)明(あき)さん(南林間在住、74歳)は「いつも南林間からシリウスまで歩いています。歩き方について、本を読むなどして試行錯誤していますが、実際に体験して学んだことで、更に自分にとって一歩プラスになりました。さっそく取り入れてみます」などと話していました。

問合せ先:大和市役所 健康づくり推進課(市保健福祉センター4階) TEL 046−260−5803

問い合わせ

上記の情報は、登録日時点での内容となっています。
「市内のニュース」に関する問い合わせは、
市長室 広報広聴課 広報担当(本庁舎3F 案内図
電話:046-260-5314 FAX:046-261-4592

ページの先頭へ戻る