サイト表示切替

 

ホーム市政情報市内の ニュース>中央林間一輪車クラブの「ブルースター」が「第6回全国小学生一輪車大会」での優勝を大和市長に報告

ここから本文です。

中央林間一輪車クラブの「ブルースター」が「第6回全国小学生一輪車大会」での優勝を大和市長に報告

2018年10月17日

 中央林間一輪車クラブの「ブルースター」が17日、9月16日に福島県須賀川市須賀川アリーナで開催された、第6回全国小学生一輪車大会グループ演技部門での総合優勝を大和市長に報告しました。

 同クラブは1994年に「中央林間児童館一輪車クラブ」として結成。2000年に「中央林間一輪車クラブ」として再結成し、現在に至ります。小学生から高校生まで22人のメンバーが3つのグループに分かれて大和市立中央林間小学校体育館を拠点に、古田祐実・監督の指導のもと、練習に励んでいます。これまでも、2007年8月にさわやか全日本一輪車競技大会のグループ演技部門において総合優勝を果たすなど、輝かしい成績を残しています。

 「ブルースター」は同クラブの小学4年生から6年生の計9人で編成した小学生チーム。

 同チームは、全国31チームがエントリーしたDVDによる事前審査を通過し全国大会に出場。全国大会では、グループ演技部門のうち11人以下で構成するS(Small)クラス[計18チーム]に参加。技術力、表現力、構成振付、作品の魅力、作品の完成度の全5項目すべてで最高得点を獲得。12人以上で構成するL(Large)クラス[計6チーム]を含めた計24チームの中で最高成績を収め、グループ演技部門で総合優勝を果たしました。また、同チームの岩下美霞(みか)さん(北大和小5年)と佐藤綾花(あやか)さん(町田市立町田第三小6年)は、ペア演技部門でも第3位の好成績を収めました。

 この日は、ブルースターの選手9人全員が報告に訪れました。演技の写真とともに優勝の報告を受けた大木市長は「大会本番になると、皆さんとても凛々しい表情で、戦いに勝つぞという雰囲気が伝わってきました。来年も優勝目指して頑張ってください」などと語りかけました。多喜日和(ひより)さん(北大和小6年)は「練習の成果が出てうれしかったです。優勝するとは思っていなかったので、びっくりしました」と話していました。


問合せ先:大和市役所 スポーツ課(大和スポーツセンター内) TEL 046−260−5762

問い合わせ

上記の情報は、登録日時点での内容となっています。
「市内のニュース」に関する問い合わせは、
市長室 広報広聴課 広報担当(本庁舎3F 案内図
電話:046-260-5314 FAX:046-261-4592

ページの先頭へ戻る