サイト表示切替

 

ホーム市政情報市内の ニュース>大和市文化創造拠点シリウス開館2周年記念セレモニーを開催

ここから本文です。

大和市文化創造拠点シリウス開館2周年記念セレモニーを開催

2018年11月03日

 大和市文化創造拠点シリウスの指定管理者であるやまとみらいは3日、同拠点の開館2周年記念セレモニーを開催しました。

 平成28年11月3日に開館したシリウスは、図書館や芸術文化ホール、生涯学習センター、屋内こども広場などで構成される大型文化複合施設です。オープン以来多くの市民などが訪れ、平成30年10月18日には累計来館者数が600万人を突破。2年連続で年間300万人以上の来館者を迎えることができました。

 この日の「開館2周年記念セレモニー」では、国内外で活躍している華道家の上野雄次(ゆうじ)さんが、市内在住の小田原幸江(ゆきえ)さんらによる琴と、市内在住で海上自衛隊東京音楽隊所属の関水優子さんのサックス演奏とのコラボレーションパフォーマンスを展開しました。まず、市民などが願い事を書いたリボンが結び付けられた、高さ3メートルほどの枝垂(しだれ)柳がシリウスの1階に登場。次に、琴の演奏が始まると、上野さんが作品とともに屋外のシリウス広場に移動。それぞれの願い事が天まで届くように、枝垂柳を立ち上げ、回転させるなどのダイナミックなパフォーマンスを披露しました。再び、館内に戻った上野さんは和洋の演奏が奏でる中、大きな竹の筒に枝垂柳と南天のような枝を挿すなどして、作品の仕上げに取り掛かり、色鮮やかな4メートルを越す大作が完成しました。パフォーマンスを終えた上野さんは「琴やサックスの演奏もあり、落ち着いて取り組むことができました。皆さんの思いが結び付き、末永くシリウスとともにありますようにと思いを込めて作品を仕上げました」と話していました。

 パフォーマンス終了後、司会者の「シリウス、2歳のお誕生日おめでとう!!」の掛け声を合図に、見守っていた市民などの「おめでとう!!」の歓声とともに、クラッカーの音が鳴り響き、館内は拍手に包まれました。

 セレモニーに参加した大木哲・大和市長は「シリウスはこれまでに613万人を越える方にご利用いただいております。2周年を無事に迎えられたのも多くの皆さまに温かく見守っていただき、ご利用いただいたおかげではないかと思います。これからもシリウスを我が子のようにかわいがっていただければと思います」と述べました。


問合せ先:大和市文化創造拠点シリウス 指定管理者やまとみらい TEL 046―259―7591(1階ホール事務室)
大和市役所図書・学び交流課(文化創造拠点シリウス6階) TEL 046−259−6105

問い合わせ

上記の情報は、登録日時点での内容となっています。
「市内のニュース」に関する問い合わせは、
市長室 広報広聴課 広報担当(本庁舎3F 案内図
電話:046-260-5314 FAX:046-261-4592

ページの先頭へ戻る