サイト表示切替
 

ホーム市政情報市内のニュース>大和市リサイクル事業協同組合が再生トイレットペーパー7,200ロールを寄贈

ここから本文です。

大和市リサイクル事業協同組合が再生トイレットペーパー7,200ロールを寄贈

2018年12月05日

 大和市リサイクル事業協同組合(神谷明彦・代表理事)が5日、大和市役所を訪問。古紙資源リサイクルによる再生トイレットペーパーを、大和市と大和市社会福祉協議会にそれぞれ3,600ロールずつ、合計7,200ロールを寄贈しました。

 この寄贈は、市民の皆さんによる資源分別回収への協力に対する感謝の気持ちとして、平成6年度から毎年度実施されており、今回で25回目となります。
 
 この日の寄贈式には、大木哲・大和市長と橋政勝・大和市社会福祉協議会会長、同組合の神谷代表理事と小俣一之・専務理事が出席。神谷代表理事らがトイレットペーパーを贈呈し、大木市長と橋同協議会会長は感謝状を贈りました。神谷代表理事は、「古紙100パーセントのトイレットペーパーになります。市の各施設や社会福祉協議会の関連施設で使っていただければと思います」と話していました。大木市長は「いただいたトイレットペーパーは市庁舎だけでなく、市内公共施設で大切に使わせていただきます」と感謝の気持ちを伝えていました。

 市は、このトイレットペーパーを大和市役所本庁舎、大和市立病院などの市施設に備えます。大和市社会福祉協議会は、市内の福祉施設などへの配布を予定しています。

問合せ先:大和市役所 管財課(市役所4階) TEL 046−260−5311

問い合わせ

上記の情報は、登録日時点での内容となっています。
「市内のニュース」に関する問い合わせは、
市長室 広報広聴課 市政PR戦略係(本庁舎3F 案内図
電話:046-260-5314 FAX:046-261-4592

ページの先頭へ戻る