サイト表示切替

 

ホーム市政情報市内の ニュース>公立大学法人 神奈川県立保健福祉大学と「保健・医療・福祉事業の推進に関する連携協定」を締結

ここから本文です。

公立大学法人 神奈川県立保健福祉大学と「保健・医療・福祉事業の推進に関する連携協定」を締結

2018年12月18日

 大和市は18日、効果的な保健・医療・福祉事業の推進を図るとともに、神奈川県民および大和市民の健康増進に寄与することを目的に、公立大学法人 神奈川県立保健福祉大学と「保健・医療・福祉事業の推進に関する連携協定」を締結しました。

 本市では、保健師や管理栄養士による生活習慣病対策や低栄養改善のための訪問活動等の保健事業を積極的に展開しています。今後は、国保データベース(KDB)システムなどのデータを活用して、市民の健康診断の結果やレセプト、介護保険の認定情報などのデータを複合的に分析することで、より効果的な事業展開を図っていきたいと考えています。

 今回の協定により、同大学の保健・医療・福祉に関する専門的な知見と統計・分析の研究ノウハウを活かして、本市の保健データなどの分析と効果的な事業展開について、協力して取り組みを進めていきます。

 大和市役所で実施された同協定の締結式には、大木哲・大和市長、同大学の中村丁次(ていじ)・学長、白水(しらみず)眞理子・大学院保健福祉学研究科研究科長、中島啓(けい)・保健福祉学部栄養学科教授などが出席。大木市長と中村学長がそれぞれ協定書に署名しました。大木市長は「今もそしてこれからも保健、医療、福祉の分野は重要な時代となっています。この協定により市民の皆様にとってプラスとなるような事業を実施していきたいと思います」と述べました。中村学長は「保健、医療、福祉のデータは行政に蓄積されていますが、まだ十分活用されていないと思います。研究機関である大学と行政機関である大和市が一緒になって高齢化社会の問題を解決する糸口となる研究ができることをうれしく思っています。この研究が日本の前例となり、世界のモデルとなることを心から願っております」と話していました。


問合せ先:大和市役所 健康づくり推進課(保健福祉センター4階) TEL 046−260−5661

問い合わせ

上記の情報は、登録日時点での内容となっています。
「市内のニュース」に関する問い合わせは、
市長室 広報広聴課 広報担当(本庁舎3F 案内図
電話:046-260-5314 FAX:046-261-4592

ページの先頭へ戻る