サイト表示切替
 

ホーム市政情報市内のニュース>大和シルフィード&加藤與惠(ともえ)さんとサッカーしよう!「大和なでしこサッカーフェスティバル」を開催

ここから本文です。

大和シルフィード&加藤與惠(ともえ)さんとサッカーしよう!「大和なでしこサッカーフェスティバル」を開催

2019年1月19日

 元なでしこジャパンの加藤與惠さん(40歳)や、本市ホームタウンチーム、大和シルフィードトップチームらを講師に招いた「大和なでしこサッカーフェスティバル」が19日、大和ゆとりの森の大規模多目的スポーツ広場(大和市福田4112)で開催されました。

 「女子サッカーのまち」を目指している大和市では、女子サッカーへの関心を高めることを目的に、一年を通じてさまざまなイベントを実施しています。同フェスティバルもこの一環として毎年実施しているもので、今回で6回目。一昨年は元なでしこジャパンの海堀あゆみさん、永里亜紗乃さんを講師に、昨年は同じく元なでしこジャパンの丸山桂里奈さんを迎えています。

 今回講師を務めた加藤さんは、なでしこリーグ(1部)のベストイレブンに1996年から2007年まで12年連続で選出されており、MVPにも2度(2001年、2002年)選ばれています。また、日本代表(なでしこジャパン)として、2008年北京オリンピックなどに出場され第4位になるなど、日本代表として100試合以上に出場。現在は解説などで活躍中です。

 この日は、加藤さんのほか、なでしこリーグ2部昇格を決めた大和シルフィードのコーチと選手も講師を務め、イベントを盛り上げていました。
今回のフェスティバルには、下は4歳から上は65歳まで、約100人が参加。前半は、4つのグループに分かれ、ドリブルやシュートなどの練習メニューに取り組みました。加藤さんは、園児に「うまいね」と声を掛けたり、小学生や中学生に「ボールだけを見ないで、まわりの状況やゴールを見ながらプレーしよう」とアドバイスをしたりするなど、熱心に指導していました。
 後半は、講師陣がチームを作り、参加者とミニゲームを実施。講師たちの華麗なプレーが何度も見られ、参加者からは大きな歓声が上がりました。

 参加していた熊澤浩奈さん(市内在住、46歳)は「息子がサッカーをしているけれど、自分は初めてでした。思ったより難しかったけれど、とても楽しかったです。加藤さんは足技がうますぎて見惚れてしまいました」と話していました。


問合せ先:大和市役所 スポーツ課(大和スポーツセンター内) TEL 046−260−5763

問い合わせ

上記の情報は、登録日時点での内容となっています。
「市内のニュース」に関する問い合わせは、
市長室 広報広聴課 市政PR戦略係(本庁舎3F 案内図
電話:046-260-5314 FAX:046-261-4592

ページの先頭へ戻る