サイト表示切替

 

ホーム市政情報市内の ニュース>3月13日から実証実験を開始!12日にシェアサイクルの出発式を開催しました

ここから本文です。

3月13日から実証実験を開始!12日にシェアサイクルの出発式を開催しました

2019年3月12日

 市は、自転車利用による公共交通の利便性向上や健康増進、環境負荷の軽減、放置自転車削減などを目的にecobike(エコバイク)(株)と協定を結び、3月13日からシェアサイクルサービスを活用した取り組みを開始します。これに伴い、12日に、「大和市シェアサイクル実証実験 出発式」が大和市役所だれでも広場で開催されました。

 出発式には、大木哲・大和市長、奥野里美・同社代表取締役社長などが出席。大和市内に配備される同社の自転車を並べ、テープカットや記念撮影などを実施しました。

 大和市で開始されるシェアサイクルサービスについて、大木市長は「通勤や通学、買い物など様々な場面で気軽に利用され、市民の健康増進につながるものと期待しています」と述べ、奥野代表取締役社長は「大和市は坂道が少なく自転車通行帯等が整備されていることなどから、シェアサイクルを導入することとなりました。地域の皆様にたくさん使っていただくことで、シェアサイクルが生活をより便利にする移動手段の一つとなればと思います」と話していました。

■市北部に設置した自転車ステーションでサービス開始
 坂道が少ない大和市では、自転車は気軽に使える交通手段です。今回の協定締結により、市は市内公共施設内の土地を無償貸与し、同社は市北部を中心に自転車ステーションを設置。同ステーションは、つきみ野、中央林間、南林間、鶴間、相模大塚エリアに、計15か所が設置されます。1か所の駐輪可能台数は2〜7台で、初期配置として50台の自転車が配備されます。市に、初期導入費用や年間運営費などの費用負担はありません。

 利用者は同社のホームページから会員登録をし、スマートフォンアプリ「HELLO(ハロー) CYCLING(サイクリング)」をダウンロードすることで、貸し出し可能な自転車ステーションを探し、アプリ上で利用の手続きをすることができます。借りた自転車は市内外を問わずどのステーションでも返却できます。費用は15分60円(1日上限1,000円)です。

※利用方法など詳しくは、同社のホームページ( https://ecobike.co.jp/ )をごらんください。


問合せ先:大和市役所 道路安全対策課(市役所4階) TEL 046−260−5118

問い合わせ

上記の情報は、登録日時点での内容となっています。
「市内のニュース」に関する問い合わせは、
市長室 広報広聴課 広報担当(本庁舎3F 案内図
電話:046-260-5314 FAX:046-261-4592

ページの先頭へ戻る