サイト表示切替
 

ホーム市政情報市内のニュース>図書館の道で「青空縁台将棋」を開催中

ここから本文です。

図書館の道で「青空縁台将棋」を開催中

2019年3月26日

 大和市は、昨年開催し好評だった「青空縁台将棋」を、「図書館の道」(大和駅〜文化創造拠点シリウスの歩行者専用道)で今年も開催しています。

 文化創造拠点シリウスは開館から2年連続で年間300万人以上が訪れ、シリウスと大和駅を結ぶ図書館の道は連日多くの人でにぎわっています。市は、この図書館の道をさまざまな世代の人が交流できる場とすることを目的に、昨年10〜12月に、男女を問わず、子どもから大人まで幅広く楽しむことができる将棋を、縁台将棋のスタイルで開催。全10回の開催で、のべ300人以上が将棋を指しました。通行人が立ち止まり、盤面を覗いて観戦する場面も多く見られ、たくさんの人が青空の下で将棋を楽しみ、新たな交流が生まれました。

 2度目の開催となる今回の初日の26日、午前中は曇り空で小雨も降っていましたが、午後になると青空が広がりました。図書館の道の一角に、長机と椅子、計10面の将棋盤と囲碁4面が設置されました。昨年参加して開催を心待ちにしていた市民や、ちょうど春休みに入った小学生など参加者24人が対局を楽しんでいました。

 今回は、常連同士で対局する人や、小学生と大人で対局する姿が数多く見られ、また、対局後に常連の男性が試合の解説をしながら小学生に将棋を教えるなど、新たな交流が生まれていました。常連の男性と試合をしていた小学生の女児は、白熱した試合の末勝利し、対局を見守っていた多くの観覧者から拍手が送られていました。

 この日、参加した小学1年生の男児(市内在住、7歳)のお母さんは「子どもは半年前から将棋を始めましたが、私がそれほど将棋をできないので、大人の方と実戦を経験できてとても喜んでいます。シリウスが近いので休憩しながら1日楽しめますね。春休み中なので次回も参加したいと思います」と話していました。

 青空縁台将棋は、6月18日までの毎週火曜日(4月30日を除く)、午前11時から午後4時(雨天中止)に開催しています。


問合せ先:大和市役所 土木管理課(市役所4階) TEL 046−260−5412

問い合わせ

上記の情報は、登録日時点での内容となっています。
「市内のニュース」に関する問い合わせは、
市長室 広報広聴課 市政PR戦略係(本庁舎3F 案内図
電話:046-260-5314 FAX:046-261-4592

ページの先頭へ戻る