サイト表示切替
 

ホーム市政情報市内のニュース>日本文化を学び国際交流 緑野小とアメリカンスクールの児童が茶道体験

ここから本文です。

日本文化を学び国際交流 緑野小とアメリカンスクールの児童が茶道体験

2019年6月28日

 市立緑野小学校(大和市中央林間西5−3−1、稲葉敦子校長・児童数794人)と厚木基地内のアメリカンスクール「シャーリーランハム・エレメンタリースクール」の児童が28日、多胡(たご)記念公園(大和市中央林間5−17−3)内の「慈緑庵(じろくあん)」で茶道を体験しました。

 この催しは、両校の児童に日本の伝統文化を通じて、交流をしてもらうことが目的。平成19年度から開催されています。大和市内の茶道サークル「大和みどり会」(岩本宗翠(そうすい)会長)の主催です。

 この日は、緑野小6年3組の児童40人とシャーリーランハム・エレメンタリースクール小学1〜5年生の児童15人が参加。両校の児童は、2グループに分かれて、それぞれ立礼(りゅうれい)席と広間席で茶道を体験しました。

 立礼席では、同会会員によるお点前を見学したり、お茶の席での作法を学んだりしました。

 広間席では、茶室の入り方やあいさつの仕方を学び、両校の児童はお互いのためにお茶をたてて飲んでもらいました。その後、自己紹介やメッセージを記した「フレンドシップカード」を交換したり、英語で互いに質問をし合ったりする中で、笑顔や驚きの声も多く見られるなど、次第に打ち解け合ったようでした。

 シャーリーランハムのアーウィン・アマンダさん(2年、8歳)は「お茶を飲んで、お菓子を食べて、一緒に話すことができて楽しかったです。立ててもらったお茶はちょっと苦かったけどおいしかったです。新しい日本の友達ができました」、緑野小学校の北田優香さん(11歳)は「お茶をたてるのが難しかったです。英語での質問の時に、アメリカンスクールの子が体育が好きだと話していて、とても共感しました」と話していました。


問合せ先:大和市立緑野小学校 TEL 046−274−4368

問い合わせ

上記の情報は、登録日時点での内容となっています。
「市内のニュース」に関する問い合わせは、
市長室 広報広聴課 市政PR戦略係(本庁舎3F 案内図
電話:046-260-5314 FAX:046-261-4592

ページの先頭へ戻る