サイト表示切替
 

ホーム市政情報市内のニュース>大和の夏の最大級イベント 阿波おどりと風鈴まつりを開催しました

ここから本文です。

大和の夏の最大級イベント 阿波おどりと風鈴まつりを開催しました

2019年7月28日

 大和市の夏の風物詩となっている「第43回神奈川大和阿波おどり」と「第25回西口風鈴まつり」が27日・28日に大和駅周辺で開催されました。

1.第43回神奈川大和阿波おどり

 「神奈川大和阿波おどり」は、関東三大阿波踊りの1つとも言われる一大イベント。大和駅東側プロムナード、大和駅周辺商店街で神奈川大和阿波おどり振興協会の主催のもと開催されました。

 当日は、普段買い物客などでにぎわう商店街の通りなど10か所から、法被や浴衣などの色鮮やかな衣装を身にまとった踊り手が演舞をスタート。「連」と呼ばれる踊りのグループごとに、力強さや美しさ、陽気さなどの特徴をもった圧巻の踊りを披露し、沿道の観客から拍手が湧きました。

 また、飛び入りで参加のできる「にわか連」も結成され、小さな子どもからお年寄りまで思い思いの踊りを笑顔で披露していました。

 神奈川大和阿波おどりには、地元からだけでなく阿波踊りでつながる全国各地の友情連が駆け付け、「にわか連」を含めた初日28連・約1,000人、二日目31連・約1,300人の踊り手が参加。鉦(かね)や太鼓の軽快なお囃子とともに、「ヤットサー」の掛け声が会場を熱く包む2日間となりました。


2.第25回西口風鈴まつり

 大和駅西側プロムナード「大和なでしこ広場」で西口風鈴まつり実行委員会主催のもと「西口風鈴まつり」が開催されました。会場では、江戸風鈴や南部風鈴、瀬戸風鈴、みやび、松笠風鈴などの各種風鈴の展示販売のほか、風鈴の絵付け体験などが実施。ガラス製や鉄製、小丸型やひょうたん型など、形や大きさが多様な約500個の風鈴が、風に揺られ涼やかな音色を奏でました。

 家族で会場を訪れていた下村瞳さん(市内在住、35歳)は「暑くなってきたので、風鈴を購入しにきました。1つ1つ音を試してみて、すごくきれいな音のするお気に入りの風鈴を見つけることができました」と笑顔で話していました。


問合せ先:大和市役所 イベント観光課(市役所1階) TEL 046−260−5167
 

問い合わせ

上記の情報は、登録日時点での内容となっています。
「市内のニュース」に関する問い合わせは、
市長室 広報広聴課 市政PR戦略係(本庁舎3F 案内図
電話:046-260-5314 FAX:046-261-4592

ページの先頭へ戻る