サイト表示切替
 

ホーム市政情報市内のニュース>介護ロボット(自動排せつ処理装置)が5機種登場!シリウスで特別展示

ここから本文です。

介護ロボット(自動排せつ処理装置)が5機種登場!シリウスで特別展示

2019年11月3日

 大和市は、介護ロボット(自動排せつ処理装置)の特別展示を、文化創造拠点シリウスで11月3日から実施しています。

 シリウス4階の健康都市図書館には、「介護に役立つロボットコーナー」が常設されています。同コーナーでは、少子高齢化に伴い、多くの人が直面すると予想される「介護」の課題解決につながるロボットを広く知ってもらうことを目的に、認知症予防効果が期待できる「コミュニケーションロボット」や、腰に装着することにより持ち上げる動作をアシストする「介助者支援ロボット」などを常時展示しています。

 同コーナーは11月3日にシリウスとともに3周年を迎えており、今回の特別展示は、これを記念したものです。特別展示で展示されているのは、介護の中でも特に負担が大きいと言われている「排せつ」をサポートするロボット(自動排せつ処理装置など)5機種。これらは、排せつを感知すると自動で吸引、洗浄、乾燥などをして処理する機能を備えており、介護現場や家庭で使われています。

 特別展示は令和2年3月末までを予定しており、今後、出展業者によるデモンストレーションなどについても実施するよう、調整を進めています。

 担当者は、「これだけの数の排せつ支援ロボットを一度に見られる機会はなかなかありません。ぜひシリウスにお越しいただき、ご自身の目で機種ごとの特徴を確かめていただければと思います」と話していました。

■介護ロボット(自動排せつ処理装置)特別展示
1.期間令和元年11月3日(日・祝)から令和2年3月下旬(予定)まで
※令和元年12月31日(火)と令和2年1月1日(水・祝)を除く
2.場所大和市文化創造拠点シリウス(大和市大和南1−8−1)
4階 健康都市図書館内「介護に役立つロボットコーナー」
3.展示時間午前9時〜午後9時(日曜・祝日は午後8時まで)
4.展示機種
 iCarebot(アルトンジャパン株式会社)
 キュラコ(株式会社キュラコジャパン、株式会社ウィズ)
 スカットクリーン(パラマウントベッド株式会社)
 ダイアレット(株式会社ライフ)
 ドリーマー(アド・ロールス株式会社)
 ※50音順・括弧内は取扱業者名


問合せ先:大和市役所 産業活性課(大和市役所1階) TEL:046−260−5135

問い合わせ

上記の情報は、登録日時点での内容となっています。
「市内のニュース」に関する問い合わせは、
市長室 広報広聴課 市政PR戦略係(本庁舎3F 案内図
電話:046-260-5314 FAX:046-261-4592

ページの先頭へ戻る