サイト表示切替
 

ホーム市政情報市内のニュース>3年連続で年300万人超が来館!シリウス3周年セレモニーを開催

ここから本文です。

3年連続で年300万人超が来館!シリウス3周年セレモニーを開催

2019年11月3日

 大和市文化創造拠点シリウスの指定管理者であるやまとみらいは、同拠点の開館3周年記念セレモニーを、11月3日に開催しました。

 2016年11月3日に開館したシリウスは、図書館や芸術文化ホール、生涯学習センター、屋内こども広場などがある、地上6階・地下1階の文化複合施設です。1階から5階の各階にテーマ別の図書空間があり、施設全体が1つの図書館となっています。図書館を中心として各文化施設が融合している「次世代型の図書館」で、施設内のどこでも好きな場所でおしゃべりしたり、勉強したり、飲み物を飲んだりしながら本を楽しむことができます。

 オープン以来多くの市民などが訪れ、今年9月23日には累計来館者数が900万人を突破。3年連続で年間300万人以上の来館者を迎えることができました。

 開館3周年記念セレモニーでは、大和市にゆかりのある2人のプロのアーティスト、佐藤和彦さんと二見一幸さんが、この日のために制作したコラボレーションパフォーマンス「遭遇」を、シリウス1階の特設ステージで披露。佐藤さんは、大和市出身で新日本フィルハーモニー交響楽団に所属するチューバ奏者、二見さんは、南林間を拠点に活動するダンスカンパニーカレイドスコープの主宰で、ダンサー・振付師です。バッハのクラシック曲などを独奏する佐藤さんのチューバの美しい旋律が会場に響くと、二見さん率いるダンスチームが全身を使った滑らかな動きでコンテンポラリーダンスを披露。他では見られない組み合わせが生み出す独特の世界観に、観客は魅了されたようすでした。

 パフォーマンス終了後、司会者の「シリウス、3歳のお誕生日おめでとう!!」の掛け声を合図に、見守っていた市民などの「おめでとう!!」の歓声とともに、クラッカーの音が鳴り響き、館内は拍手に包まれました。

 セレモニーに参加した大木哲・大和市長は「3周年の誕生日に、シリウスにお越しただきありがとうございます。シリウスは、日経BPの全自治体を対象にした行政視察の受け入れ件数のランキングで、1位に僅差の全国2位となるなど、全国的に注目を集めています。来年1月下旬頃には、累計来館者数1千万人を達成する見込みです。皆さんの新たな居場所として、これからもシリウスをご利用ください」と述べました。


問合せ先:大和市文化創造拠点シリウス 指定管理者やまとみらい TEL 046―259―7591(1階ホール事務室)
大和市役所図書・学び交流課(シリウス6階) TEL 046−259−6105

問い合わせ

上記の情報は、登録日時点での内容となっています。
「市内のニュース」に関する問い合わせは、
市長室 広報広聴課 市政PR戦略係(本庁舎3F 案内図
電話:046-260-5314 FAX:046-261-4592

ページの先頭へ戻る