サイト表示切替
 

ホーム市政情報市内のニュース>大木哲・大和市長 「一人になっても 独りぼっちにさせない まち」を目指す 仕事始めの訓示

ここから本文です。

大木哲・大和市長 「一人になっても 独りぼっちにさせない まち」を目指す 仕事始めの訓示

2021年1月4日

大木哲・大和市長は令和3年の仕事始めとなる4日、大和市役所5階研修室で部長職19名に対し、訓示をしました。例年、市長の訓示は、大和市役所正面玄関前「市役所だれでも広場」で職員約300名に対して実施するほか、大和市保健福祉センターや消防本部、市立病院などでも実施していますが、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、市役所本庁舎のみとし、人数を絞って行いました。

市長ははじめに、12月29日から1月3日のあいだ、市内の陽性患者が連日10人を超す状況に触れながら「今、新型コロナウイルスという問題に全人類が一つになって取り組んでいます。大和市においても、大きな危機がすぐそこまで迫っているため、一人一人が全力で取り組んでほしい」と話し、続いてイギリスの経済学者ジョン・メイナード・ケインズが、人間は環境に慣れる性向があるとの言葉を引用し、「1年間、新型コロナと向き合ってきた結果、良くも悪くも慣れが生じています。このことは、新たな問題です。また、コロナを起因とした大きな環境の変化が始まる可能性も高いため、常に最適な選択を目指していきましょう」と、幹部職員全員と現在の危機を改めて共有しました。

その後、2020年代は団塊の世代と呼ばれる昭和22年〜24年生まれの人が後期高齢者へと突入することから、少子高齢化が加速することを踏まえ、「これからは、一人世帯が急増します。また、コロナによってICTを活用するデジタル化が進展しました。この『少子高齢化×デジタル化』の波は、他者とのつながりが希薄となることへとつながり、結果として物理的そして精神的にも、孤独となる方が増える時代を迎えます」と語り、「大和市は、この先の時代を見据え『一人になっても 独りぼっちにさせない まち』を目指します。難しい問題ですが、今年を皮切りに一歩ずつ進んでいきましょう」と、新たな目標を掲げました。

最後に、人間は常にありのままの自分を意識し続けると、抑うつ状態になるとの心理学者の言葉を用いて、「自分について楽天的な心を持ち続けてください」と伝えるとともに、職員の心構えである「あいさつ、市民目線、笑顔、スピード感、ありがとう」の5点を伝え、「健康都市として今年も駆け抜けよう」と激励しました。

【問合せ先】
大和市役所 人財課(市役所3階) TEL:046−260−5338
 

問い合わせ

上記の情報は、登録日時点での内容となっています。
「市内のニュース」に関する問い合わせは、
市長室 広報広聴課 市政PR戦略係(本庁舎3F 案内図
電話:046-260-5314 FAX:046-261-4592

ページの先頭へ戻る