サイト表示切替
 

ホーム市政情報市内のニュース>シリウスついに累計来館者数1,000万人達成!記念式典を開催

ここから本文です。

シリウスついに累計来館者数1,000万人達成!記念式典を開催

2020年1月21日

 次世代型の図書館である大和市文化創造拠点シリウス(大和市大和南1−8−1)が21日、開館から3年と2か月あまりで累計来館者数1,000万人を達成しました。この日、シリウス1階エントランス内で1,000万人目の来館者に記念品などを贈呈するセレモニーが開催されました。同拠点の指定管理者であるやまとみらいの主催。

 大和市では「図書館城下町」を旗印に、市民により身近な場所で気軽に本に触れることの出来る環境づくりを推進しています。シリウスは、図書館を中心に、芸術文化ホール、生涯学習センター、屋内こども広場など、複数の機能が融合した次世代型の図書館。施設内のどこでも好きな場所で飲み物を飲んだり、勉強したり、おしゃべりしたりしながら本を楽しむことができます。このスタイルは市内外の方に受け入れられ、多くの方の「居場所」となっています。各階それぞれを特徴付けるために、配置や書架など異なる趣向が凝らされています。館内は清潔に保たれていて、ゆったり本を楽しめる居心地の良い空間となっています。ご家族からおひとり様の男性まで様々な方に大変親しまれています。

 累計来館者数1,000万人は、この日の14時32分に達成。市内草柳在住の早稲塚(わせづか)永華(えいか)さん(33歳)、華(はな)さん(5歳)、桃(もも)さん(3歳)親子が記念すべき1,000万人目の来館者となりました。早稲塚さん親子は、シリウス1階に設置された舞台で、大木哲・大和市長とともにくす玉を割ると、場内は来館者からの大きな拍手に包まれました。

 市長から永華さんに、シリウス主催公演鑑賞チケットのペア引換券や図書館グッズなど、館内各施設にちなんだ記念品が贈呈されました。

 1,000万人目の感想と、シリウスについて聞かれると永華さんは、「幼稚園の帰りに寄りました。1,000万人目と聞いて驚きました。シリウスではたくさんの本を借りれるだけ借りてます。カフェや子どもを遊ばせる場所もあり、家族それぞれが好きなものがあるところがいいです」と話していました。大木市長は「3年2か月という短期間に1,000万人もの市内外の方にお越しいただきありがとうございます。開館から昨年12月までの間に、584件もの行政視察がありました。そのうち16件はシンガポールや台湾など海外からの視察で、世界的にも注目を集める施設となっています。いつまでも愛され続ける皆様の『居場所』をめざし、努力してまいります」と述べました。

【参考:シリウスのホームページ】
https://yamato-bunka.jp/



問合せ先:大和市役所図書・学び交流課(文化創造拠点シリウス6階) TEL 046−259−6105

問い合わせ

上記の情報は、登録日時点での内容となっています。
「市内のニュース」に関する問い合わせは、
市長室 広報広聴課 市政PR戦略係(本庁舎3F 案内図
電話:046-260-5314 FAX:046-261-4592

ページの先頭へ戻る