サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>健康・福祉>シニアライフ・介護>要介護状態にならないために>介護予防・日常生活支援総合事業

ここから本文です。

介護予防・日常生活支援総合事業

介護予防・日常生活支援総合事業(以下、「総合事業」といいます。)とは、市区町村主体で行う地域支援事業のひとつとして、地域の主に65歳以上の方々を対象にその人の状態や必要性に合わせた様々なサービスなどを提供する事業です。

総合事業では、要支援に認定された方や生活機能の低下がみられる方が利用できる「介護予防・生活支援サービス事業」と、65歳以上のすべての方とその支援を行う方が利用できる「一般介護予防事業」を行い、みなさんの介護予防と日常生活の自立を支援します。

介護予防・生活支援サービス事業

要介護認定で要支援に認定された方及び基本チェックリストにより総合事業の対象者と判定された方が対象となります。
地域包括支援センターが行う「介護予防ケアマネジメント」に基づいて、「訪問型サービス」、「通所型サービス」など、その方に適した支援を行います。
 
介護予防・生活支援サービス事業の詳しい内容は、介護予防・生活支援サービス事業のページをご覧ください。

一般介護予防事業

大和市では、主に65歳以上の方を対象に、いつまでも健康でいきいきとした生活を送れるように、介護予防や認知症予防等の事業を開催しています。
具体的には、介護予防セミナーや講演会、認知症予防などを行う「介護予防普及啓発事業」、地域の方の介護予防に資する活動を支える「地域介護予防活動支援事業」、リハビリの専門職を活用した「地域リハビリテーション活動支援事業」などです。
一般介護予防事業の詳細は、一般介護予防事業のページをご覧ください。

大和市の介護予防・日常生活支援総合事業の概要


大和市の介護予防・日常生活支援総合事業の概要
介護予防・生活支援サービス事業 一般介護予防事業
○対象者は、要支援認定を受けた者又は市内在住の65歳以上の方かつ基本チェックリスト該当者(事業対象者) ○対象者は、65歳以上の全ての方及びその支援のための活動に関わる方。
訪問型サービス 要支援者等に対し、掃除、洗濯等の日常生活上の支援を提供
・従来相当のサービス(実施)
・サービスA:緩和型(実施)
・サービスB:ボランティア(検討中)
・サービスC:短期集中予防(実施)
介護予防普及啓発事業 介護予防活動の普及・啓発を行います。
・介護予防セミナー
・各講演会
健康遊具体験会
・認知症予防
やまときいき健康体操
通所型サービス 要支援者等に対し、機能訓練や集いの場など日常生活上の支援を提供
・従来相当のサービス(実施)
・サービスA:緩和型(検討中)
・サービスB:ボランティア(実施)
・サービスC:短期集中予防(実施)
地域介護予防活動支援事業 住民主体の介護予防活動の育成・支援を行います。
・介護予防サポーター養成事業
・ふれあいネットワーク事業
介護予防ポイント事業
介護予防ケアマネジメント事業 要支援者等に対し、総合事業によるサービス等が適切に提供できるようケアマネジメント
・市内9か所の地域包括支援センターで実施
地域リハビリテーション活動支援事業
 
 
介護予防の取組を機能強化するため、住民主体の通いの場等へのリハビリ専門職等による助言等を実施します。
介護予防把握事業 収集した情報等の活用により、閉じこもり等の何らかの支援を要する者を把握し、介護予防活動等へつなげます。
・介護予防アンケート
・基本チェックリスト

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

健康福祉部 高齢福祉課 (保健福祉センター4F 案内図) 
住 所:〒242-0004
大和市鶴間1−31−7(大和市保健福祉センター4階)
電 話:高齢福祉担当 046-260-5611 いきいき推進担当 046-260-5613 認知症施策推進担当 046-260-5612

ページの先頭へ戻る