サイト表示切替
検索の仕方

ホームライフイベントシニア・高齢者>日常生活で介助が必要な方とご家族>「認知症1万人時代に備えるまち やまと」宣言

ここから本文です。

「認知症1万人時代に備えるまち やまと」宣言

〇市の認知症者数は、約8,600人(平成28年6月現在)ですが、平成37年には1万800人まで増加すると予測されます。

〇今後、誰もが認知症に関わる可能性があります。

〇市では、認知症の予防や認知症の人を適切な医療・介護につなげる取り組みとともに、市民の皆さんが認知症の人への理解を深め、互いに支え合うまちづくりを進めるため、「認知症1万人時代に備えるまち やまと」宣言を平成28年9月15日に実施しました。

 

「認知症1万人時代に備えるまち やまと」宣言

 ・超高齢社会を迎え、認知症になる人は急激に増加しており、大和市においても近い将来、その数は、1万人を超えるものと予測されます。

 ・これからは、誰もが認知症にかかわる可能性があり、あらゆる世代、立場の人が協力しあい、認知症の人への理解を深め、その想いに寄り添っていくことが大切です。

 ・大和市は、認知症の人が住み慣れた地域で、人と人とのつながりを育みながら、自分らしく、安心して暮らし続けられるよう、様々な取り組みを進め、認知症1万人時代に備えます。

 

〇これからも大和市は、積極的に認知症施策の推進に取り組んでいきます。

〇そして、その一環として、認知症サポーター養成講座を開催し、認知症サポーターを増やします。

認知症サポーターとは

認知症サポーターキャラバンマスコット ロバ隊長

〇認知症サポーターは「何か」特別なことをする人ではありません。

〇講座を通じて、認知症についての正しい知識を習得し、自分のできる範囲で認知症の人や家族を応援するのが認知症サポーターです。

〇講座を修了すると、認知症サポーターの「目印」である、オレンジ色のブレスレット「オレンジリング」をお渡しします。

認知症サポーターの証 オレンジリング

認知症サポーター養成講座とは

○地域や職域団体等を対象に、認知症の正しい知識や接し方について、講師役である「キャラバン・メイト」が実施する講座を、「認知症サポーター養成講座」と呼びます。

○認知症サポーター養成講座は、都道府県・市町村等の自治体や職域団体・企業等と「キャラバン・メイト」の協働で行われ、養成講座を受講した人が、「認知症サポーター」となります。

○認知症サポーターの育成は、厚生労働省が実施する「認知症サポーター100万人キャラバン」における主な取り組みであり、これにより、「認知症になっても安心して暮らせるまち」の実現を目指しています。

講座について

○講座は、基本的には専用のテキストを使用し、90分間を目安に行います。

○受講料は無料です。

○受講する方法は、2つあります。

1.市(各地域包括支援センター)が実施する講座を受講。

2.市内在住・在勤の概ね10人以上の参加人員を集められた「地域住民・職域・学校・団体・企業などの従事者」を対象に実施する講座を受講。

<申込み方法>

1.の場合:広報やまとでお知らせします。開催する地域包括支援センターにお申込みください。

2.の場合:大和市高齢福祉課 認知症施策推進担当までお問い合わせください。

相談窓口について

問い合わせ

健康福祉部 高齢福祉課 (保健福祉センター4F 案内図) 
住 所:〒242-0004
大和市鶴間1−31−7(大和市保健福祉センター4階)
電 話:高齢福祉担当 046-260-5611 いきいき推進担当 046-260-5613 認知症施策推進担当 046-260-5612

ページの先頭へ戻る