サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>健康・福祉>シニアライフ・介護>生きがい・社会参加>生活支援体制整備事業(生活支援コーディネーター(支え合い推進員)・協議体)

ここから本文です。

生活支援体制整備事業(生活支援コーディネーター(支え合い推進員)・協議体)

 団塊の世代が75歳以上となる2025年(平成37年)以降は、国民の医療や介護の需要が、さらに増加することが

見込まれています。

 そのため、厚生労働省においては、2025年(平成37年)を目途に、高齢の方が可能な限り住み慣れた地域で生活

を続けることができるよう、地域の包括的な支援・サービス提供体制(地域包括ケアシステム)の構築を推進しています。

生活支援コーディネーター(支え合い推進員)と協議体について

 高齢な方の生活支援・介護予防サービスの体制整備を推進をしていくことを目的とし、地域における生活支援等の

体制整備に向けた調整役として、「生活支援コーディネーター(支え合い推進員)」を配置します。また、地域で高齢の

方を支援する関係者間のネットワークづくりを目的とし、定期的な情報共有・連携強化の場として「協議体」を設置

していきます。

 大和市では、地域住民が主体となった生活支援・介護予防サービスの充実が図られるよう、「生活支援体制整備

事業」を実施し、地域の互助を高め、地域全体で高齢の方の生活を支える体制づくりを進めます。

 

【生活支援コーディネーター(支え合い推進員)と協議体の役割】

生活支援コーディネーターの役割

(支え合い推進員)

協議体の役割

[資源開発]
 ・地域に不足するサービスの創出
 ・サービス・支援の担い手の養成
 ・元気な高齢者が担い手となる活動の場の確保 
[ネットワーク構築]
 ・関係者間の情報共有
 ・サービス提供者との連携体制づくり 等

 ・コーディネーターの組織的な補完機能
 ・生活地域ニーズの把握
 ・地域づくりにおける意識統一を図る場
 ・情報交換、働きかけの場 等

事業の内容

地域における高齢の方等に対し日常生活上の支援を行う体制を充実し、及び強化する。

1.生活支援・介護予防サービス協議体の設置及び運営

    (地域で会議等を行うことのできる拠点の整備)

2.地域における高齢の方等を支援する取組を実施する団体等との調整を行う生活支援コーディネーター(支え合い推進員)の配置

    (多様な主体による様々な生活支援・介護予防サービスの支援体制の充実・強化のため、関係者間のネットワークの構築を図るため

      生活支援コーディネーター(支え合い推進員)を配置)

大和市の協議体(第1層・第2層)における活動について

第1層協議体の活動についてはこちら

 

≪第1層協議体 会議≫

会議開催予定・開催記録

【開催年度・開催回】 

【開催日】

【記録】

平成29年度 第1回 

平成29年 7月11日(火)

会議録 

 

第2層協議体の活動についてはこちら

 

※ 第2層協議体の他の日常生活圏域については、醸成に時間がかかることから、可能な地区から協議体を設置(11〜15地区)していく予定です。

問い合わせ

健康福祉部 高齢福祉課 (保健福祉センター4F 案内図) 
住 所:〒242-0004
大和市鶴間1−31−7(大和市保健福祉センター4階)
電 話:高齢福祉担当 046-260-5611 いきいき推進担当 046-260-5613 認知症施策推進担当 046-260-5612

ページの先頭へ戻る