サイト表示切替

ホームくらしのガイド>教育・文化>学校>教育委員会>教育委員会教育長及び委員の紹介

ここから本文です。

教育委員会教育長及び委員の紹介

 教育委員会教育長と4人の委員は、月1回の教育委員会定例会で、教育に関する方針・施策、しくみ、教科書の採択、予算決算の審議などを行っています。また、学校訪問や各種研修会への参加などによって、教育施策に活用する情報の収集や研鑽に努めています。特に学校訪問は、学校長や教員と、あらかじめ決めたテーマに沿って意見交換をするなど、活発に行っています。
 このほか、教育委員会や学校へのご意見やご提案を教育長及び委員が直接お聞きする仕組みとして、「教育委員への手紙」を受け付けています。
教育委員会会議(定例会・臨時会)については、こちらをご覧ください。
「教育委員への手紙」については、こちらをご覧ください。

教育長及び委員

 教育委員会は、教育長及び4人の委員によって構成され、その合議によって意思決定等を行います。
 教育長は、会議を招集し、議長の役割を果たすなど、教育委員会の会務を総理し、教育委員会を代表するとともに、教育委員会事務局や教育機関を統括します。教育長が欠けたときなどは、教育長があらかじめ指名した委員が、教育長職務代理者としてその職務を行うことになっています。
 
教育長 柿本 髟v
教育長 柿本 髟v
教育長職務代理者 青蔭 文雄
教育長職務代理者
青蔭 文雄
委員 小松 俊子
委員 小松 俊子
委員 森園 廣子
委員 森園 廣子
委員 前田 良行
委員 前田 良行

任期

 

職名

氏名

発令年月日

満了年月日

教育長

柿 本 驕@夫

平成30年10月1日

平成33年9月30日

教育長
職務代理者

青 蔭 文 雄

平成28年12月9日

平成32年12月8日

委 員

小 松 俊 子

平成28年12月9日

平成32年12月8日

委 員

森 園 廣 子

平成29年10月1日

平成33年9月30日

委 員

前 田 良 行

平成30年12月21日

平成34年12月20日

教育長からのメッセージ

 いじめ・不登校などの教育課題が全国的に深刻さを増すとともに、情報社会の進展は子どもたちの興味関心を一変させ、WHO(世界保健機関)では、ゲーム依存症を疾患と認定するまでに至りました。また、今後予想されるAI社会の到来は、明るい未来の姿を描く一方で、多くの心配も語られています。
 平成29年に公布された新しい学習指導要領では、今までの知識中心の学力から脱却し、子どもたちにとって、未来に向けて必要とされる資質・能力の育成と、主体的・対話的で深い学びの実現が求められています。
 大和市教育委員会ではこれまでに、小中学校での放課後寺子屋事業や、先進的な小学校英語活動の実施、読書活動の推進など、積極的な教育施策を展開し、多くの成果を上げてまいりました。
 そして、こうした成果の検証の上に、31年度を始期とする次期「大和市学校教育基本計画」を策定いたしました。計画の基本理念を「未来を切り拓いて生きていく力を育む学校教育」と定め、具現化の視点として、「確かな学力を育てる」「豊かな感性を育む」「健康な心身を育てる」「共に生きる社会性を育てる」の四点を掲げました。
 確かに現代は多くの教育課題を抱えています。しかし、大和市学校教育基本計画に沿った教育施策を積極的に展開することで、課題の一つ一つに真摯に向き合い、未来を担う子どもたちに「豊かな学びの場」をこれからも提供していきたいと考えています。
 教育長 柿本 髟v
 

教育長及び委員の活動

学校訪問

教育長及び委員が、学校や教育施設等の現場を見学します。また、その年度の共通テーマに沿って、学校長や教職員との意見交換を行います。毎年すべての市立小・中学校(28校)を訪問しています。
○ 実施時期 7月、11月、2月
≪平成30年度の共通テーマ≫
  1.学力向上に向けた取り組みについて
  2.いじめ、不登校問題の解消について
 

行事への出席など

・教育委員会表彰、文化祭、各種フォーラムの事業・イベントに、主催者として出席
・その他関連の事業への参加
・小・中学校の入学式、運動会、卒業式等への出席
 

問い合わせ

教育部 教育総務課(政策調整担当) (本庁舎2F 案内図
電話:046-260-5203

ページの先頭へ戻る