サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>緊急・防犯・相談>消防・救急>トピックス>熱中症に注意しましょう!!

ここから本文です。

熱中症に注意しましょう!!

近年、猛暑により熱中症で救急搬送される方が増加傾向にあり、今年も市内では、すでに熱中症による救急要請が増加しています。
熱中症は予防することが一番大切です。
特に高齢者や子供は症状が重くなることがありますので気をつけましょう。
 
こんな日は熱中症に注意!
・気温が高い日
・湿度が高い日
・風が弱い日
・急に暑くなった日
 

熱中症は予防が大切!

・水分をこまめにとりましょう。
 たくさん汗をかいた時は塩分も忘れずにとりましょう。

・炎天下での活動はできるだけ避けましょう。
 活動するときは帽子等を使用し直射日光を避けましょう。

・こまめに休憩をとりましょう。
 木陰や、日陰の涼しい場所で休憩をとりましょう。

 

高齢者や子供は特に注意しましょう!

1 高齢者は
・高齢者は一度脱水症状になってしまうと回復しにくいと言われています。
 のどの渇きを感じる前からこまめに水分をとりましょう。

2 子供は
・体の小さい子供は体温が上がりやすく、症状が重くなりやすいので気をつけましょう。
・屋外では身長の低い子供は路面に近く熱の影響を受けやすくなります。
 屋外で子供と一緒にいる時は気をつけましょう。

 

3 持病のある人、体調の悪い人は特に注意が必要です。

 

 

 

部屋の中でも熱中症は起こります!!

 熱中症というと炎天下での屋外で起こるイメージがあると思いますが、部屋の中でも熱中症になります!!
 実際に、市内で熱中症(疑い含む)で救急搬送される人は、屋内にいることが多いです。
 室内の温度が上がった時にはクーラーや扇風機等を活用し、水分をこまめに取るなどして熱中症に注意しましょう。
 

こんな症状が出たら熱中症です

1 軽症

・めまい、立ちくらみがある
・筋肉のこむら返り(足がつる症状)がある
・汗が止まらない

対処方法
水分・塩分をとりましょう。

2 中等症

・頭ががんがんする(頭痛)
・吐き気がする、吐く
・体がだるい(倦怠感)

対処方法
涼しいところへ移動して、水分・塩分をとりましょう。
自分で水分をとることができなければ病院へ連れて行くか、救急車を呼びましょう。

3 重症

・意識がない
・ひきつけ(けいれん)がある
・呼びかけに対して返事がおかしい
・まっすぐに歩けない
・体温が高い

対処方法
すぐに救急車を呼びましょう!涼しいところへ移動して水や氷を使用して体を冷やしましょう。

問い合わせ

消防本部 救急救命課 救急救命担当 

(消防本部2階 案内図

電話 046−260−5751

このページに関するお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る