サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>生活・環境>動物>保護>傷病鳥獣について

ここから本文です。

傷病鳥獣について

Q.ケガをした鳥獣を保護しているのですが、どうすればよいでしょうか

(鳥のヒナの場合は巣立ちヒナの可能性があります。下の『Q.鳥のヒナを拾いました。どうしたらよいでしょうか』もご覧ください。)

A.ケガをした鳥獣であれば、みどり公園課にご連絡ください。

ただし、カラスとドバトは生息数が多いため、治療センターの収容力を超えてしまうため、傷病鳥として受け入れることができませんので、ご理解をお願いします。
 野生動物は野生のままに生かせてあげるべきものです。人為的な原因の場合(交通事故等)以外は、生来の回復に委ねていただくことも必要です。

 

Q.毛が抜けたタヌキがいます。どうすればよいでしょうか

A.おそらく、カイセン病をいう伝染病にかかってしまったものと思われます。

ペット等にも感染するようですので、接触しないようにしてください。

市で保護しますので、みどり公園課までご連絡ください。

巣立ちヒナについて

Q.鳥のヒナを拾いました。どうしたらよいでしょうか

A.ヒナを見つけても、決して家に持って帰ったりしないでください。

もし、家に持ち帰ってしまったときは、できるだけ早く元の場所に戻してあげてください。

怪我をしていないか確認して、してなかったら近くの木の枝など少し高い所に乗せてやってください。(巣があれば、巣に戻してあげてください。)

怪我をしていたら、みどり公園課まで連絡してください。

車や人通りが多い場所や、近くに猫やカラスなどがいる場合、ヒナは無防備ですので、できるだけ道から遠いところや、すこしでも地面より高いところにおいてあげるといいでしょう。

(木箱などに新聞紙等を敷き、雛をその中に入れ、木の枝にくくりつけてあげるのもよいでしょう。)

多くの場合、親が近くにいて見守っているので、人間がその場から立ち去れば、親が雛を保護するといわれています。

かわいそうと思って家に持って帰って育てても、死んでしまうことが多いようです。

仮に育てることができたとしても、野生にかえすことは難しいようです。

 

【参考】財団法人日本野鳥の会「ヒナを拾わないで!」

その他の動物

Q.カメ、ニワトリ、インコなどがいます。どうしたらよいでしょうか

A.カメ、ニワトリ、インコなどは野生鳥獣ではありません。おそらくペットとして飼われたものが、逃げ出したものと思われます。「拾得物」扱いになりますので、お近くの警察へ連絡してください。

問い合わせ

環境農政部 みどり公園課 みどり推進担当 (本庁舎4F 案内図
電話:みどり推進担当 046-260-5451

ページの先頭へ戻る