サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>街づくり>公園・みどり>街の緑化>大和市の緑の変遷

ここから本文です。

大和市の緑の変遷

 さまざまな役割を担っている緑。大和市の緑は今、どのような状況にあるのでしょうか。

戦後以降の樹林地の変遷をみると、急激な都市化にともない、市の総面積に対する樹林地面積の割合は、昭和29(1954)年には27.0%・約730haでしたが、平成7(1995)年には13.2%・約357haと半減しています。

 最近は大規模開発の減少に伴い、緑の減少スピードもゆるやかになっていますが、市街化区域(すでに市街地を形成している区域および優先的・計画的に市街化を図るべき区域)に絞ってみると、平成元(1989)年に323.8haあった緑が、平成17(2005)年には約6割の194.9haに減っています。

 

緑の変遷

 

昭和29(1954)年

平成7(1995)年

樹林地面積

730ha

357ha

市の総面積に対する割合

27.0%

13.2%

 

 

緑被率の推移

 こうした緑の変遷をはかる指標として用いるものが「緑被率」という考え方です。緑被率とは、一定区域の面積に対する緑に覆われている土地(緑被地)の割合のことです。

 平成18年5月に実施した調査では、大和市に存在する30u以上まとまった緑被地は8.45ku、緑被率は31.2%でした。

 地域別に見ると、駅周辺が緑被率10〜20%で最も低く、市の東西を流れる引地川、境川沿いが緑被率30%以上と高くなっています。

 区域別に見ると、市域の3/4を占める市街化区域の緑被率は21.6%、1/4の市街化調整区域(新たに建築物を建てることができない区域)が58.8%と、市街化調整区域の緑地が、辛うじて市全体の緑被率を底上げしている格好です。

これを平成7年度の状況と比較すると、緑被率は4.6.%、面積で123ha減少しています。実に、泉の森3個分に相当する面積の緑が失われたことになります。

 

緑被率の変遷

 

平成7(1995)年

平成18(2006)年

緑被率

35.8%

31.2%

 

市内の緑の保全状況(単位:ha)

緑地名 種別 平成元年度 平成6年度 平成11年度 平成16年度 平成21年度 平成22年度 平成23年度 平成24年度 平成25年度 平成26年度
中央林間自然の森 対象面積   3.6 3.6 3.6 3.6 3.6 3.6 3.4 3.4 3.4
保全契約面積(※1)   2.3 2.9 2.6 2.6 2.6 2.6 2.8 2.8 2.7
市有地面積       0.3 0.3 0.3 0.3 0.3 0.3 0.4
深見歴史の森 対象面積 12.2 12.2 12.2 12.2 12.2 12.2 12.2 12.2 12.2 12.2
保全契約面積 6.8 5.5 5.3 5.2 5.1 5.1 5.1 5.1 5.1 5.4
市有地面積       1.3 1.3 1.3 1.3 1.3 1.3 1.3
谷戸頭・谷戸緑地 対象面積   6.1 6.1 6.1 6.1 6.1 6.1 6.1 6.1 6.1
保全契約面積   4.4 4.3 4.2 4.1 4.1 4.1 4.2 4.4 4.4
市有地面積       0.9 0.9 0.9 0.9 0.9 0.9 0.9
上和田野鳥の森 対象面積 4.2 4.2 4.2 4.2 4.2 4.2 4.2 4.2 4.2 4.2
保全契約面積 2.6 2.3 2.4 2.4 2.1 2.1 2.1 2.1 2.1 2.1
市有地面積       0.5 0.7 0.7 0.7 0.7 0.7 0.7
泉の森 対象面積 42.0 42.0 42.0 42.0 42.0 42.0 42.0 42.0 42.0 42.0
保全契約面積     2.8 3.1 3.2 3.2 3.3 3.3 3.3 3.3
市有地面積       2.3 2.8 2.8 3.0 3.0 3.0 3.0
ふれあいの森 対象面積 21.9 21.9 21.9 21.9 21.9 21.9 21.9 21.9 21.9 21.9
保全契約面積   0.8 0.8 0.8 0.8 0.8 0.8 0.8 0.8 0.8
市有地面積       0.8 0.8 0.8 0.8 0.8 0.8 0.8
久田緑地 対象面積 10.0 10.0 10.0 10.0 10.0 10.0 10.0 10.0 10.0 10.0
保全契約面積 7.9 6.4 5.7 5.7 6.6 6.6 7.1 7.1 7.1 7.1
市有地面積         1.0 1.0 1.0 1.0 1.0 1.0
上和田境川緑地 対象面積     1.7 1.7 1.7 1.7 1.7 1.7 1.7 1.7
保全契約面積     1.6 1.6 1.6 1.6 1.7 1.7 1.7 1.7
市有地面積       0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
下和田境川緑地 対象面積     3.5 3.5 3.5 3.5 3.5 3.5 3.5 3.5
保全契約面積     2.2 2.2 2.0 2.1 2.2 2.2 2.2 2.9
市有地面積       0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
保存樹林 保全契約面積 30.7 30.8 26.2 22.6 16.4 16.3 15.4 14.8 14.4 13.8
集計 市内緑地面積(※2) 248.1 228.9 219.6 206.3 199.5 199.1 197.6 194.0 192.2 191.4
保全契約面積計 48.0 52.5 54.2 50.4 44.5 44.5 44.4 44.1 43.9 44.3
市所有緑地面積       6.1 7.8 7.8 8.0 8.0 8.0 8.0
市内の公園面積(※3) 44.1 48.1 49.0   59.4 59.5 67.1 73.2 73.5 77.1
緑地保全率(%)(※4) 37.1 43.9 47.8 27.4 56.0 56.2 60.5 64.6 65.2 67.6

※保全契約面積に市が所有している緑地は含まない。

※緑地面積:固定資産税統計表による山林、原野、緑地、公園の合計

※公園面積:都市公園のほか、ちびっこ広場、借地公園などを含む

※緑地保全率:(保全契約面積+市所有緑地面積+市内の公園面積)÷市内の緑地面積

問い合わせ

環境農政部 みどり公園課 みどり推進担当 (本庁舎4F 案内図
電話:みどり推進担当 046-260-5451

ページの先頭へ戻る