サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>生活・環境>動物>保護>野生鳥獣の捕獲について

ここから本文です。

野生鳥獣の捕獲について

全ての野生鳥獣(幼獣、鳥のヒナや卵も含む)は鳥獣保護法(鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律)によって守られており、むやみに捕獲したり、殺したりすることは、この法律によって禁止されています。

しかし、野生鳥獣による農作物への被害や日常生活への被害が生じており、被害防除対策を行っても被害が防止できない場合は、「有害鳥獣捕獲許可」を受けたうえで、ご自分で捕獲することができます。許可を受ける事ができるのは、野生鳥獣により被害を受けている者、被害を受けた者から鳥獣の捕獲等の依頼を受けた者(駆除業者など)となります。

 単に「野生鳥獣を見かけた」という理由だけでは、捕獲許可証を交付することはできません。

鳥獣の捕獲等(鳥類の卵の採取等)許可申請書のダウンロード(pdf・11kb)

有害鳥獣捕獲等依頼書のダウンロード(pdf・7kb)

有害鳥獣捕獲等実施者名簿のダウンロード(pdf・7kb)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

環境農政部 みどり公園課 みどり推進担当 (本庁舎4F 案内図
電話:みどり推進担当 046-260-5451

ページの先頭へ戻る