サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>税金・健康保険>後期高齢者医療制度>制度について>制度の概要(後期高齢者医療制度)

ここから本文です。

制度の概要(後期高齢者医療制度)

後期高齢者医療制度とは

 後期高齢者医療制度は、少子高齢化による医療費の増大に対し、持続可能な保険医療制度とするため、平成20年4月から始まったものです。

 対象の方は原則としてすべての75歳以上の方と、65歳以上で一定の障害がある方(加入には申請が必要)です。75歳の誕生日以降はこれまで加入していた保険の被保険者ではなくなり、後期高齢者医療制度の被保険者となります。

 この制度は都道府県単位で設置された後期高齢者医療広域連合が運営しますが、市民の皆様のお手続窓口は市役所となります。

 
 

制度が切り替わる際の注意

 

手続きが必要な場合

 職場の健康保険に入っている人が後期高齢者医療制度に入り、その被扶養者が職場の健康保険をやめなければならない場合
 →職場の健康保険に被扶養者として加入していたご家族の方は、他のご家族が加入している職場の健康保険の被扶養者になるか、国民健康保険へ加入していただくことになります。
 (大和市の国民健康保険に加入する場合には、社会保険資格喪失証明書をご持参のうえ、市役所保険年金課までお越しください。運転免許書やパスポート、写真付の住基カードをお持ちいただくと、その場で被保険者証をお渡しいたします。)  

手続きが必要な例・・・妻の国民健康保険への加入手続きが必要です!!

制度開始前

制度開始後

夫(世帯主)76歳 =職場の健康保険

妻(被扶養者)72歳 =職場の健康保険

夫(世帯主)76歳 =後期高齢者医療保険

妻(被扶養者)72歳 =国民健康保険

手続きがいらない例

制度開始前

制度開始後

夫(世帯主)76歳 =国民健康保険

妻(被扶養者)72歳 =国民健康保険

夫(世帯主)76歳 =後期高齢者医療保険

妻(被扶養者)72歳 =国民健康保険

国民健康保険高齢受給者証と国民健康保険証の取扱について

 75歳になった方には後期高齢者医療被保険者証を簡易書留で送ります。国民健康保険加入者だった方は75歳の誕生日を過ぎましたら、これまで使用していた「国民健康保険高齢受給者証」と「国民健康保険証」は使用せずに、細かく切って処分してくださるようお願いいたします。

問い合わせ

市民経済部 保険年金課 高齢者保険担当 (本庁舎1F 案内図
電話 046-260-5122

ページの先頭へ戻る