サイト表示切替

ホームくらしのガイド>健康・福祉>健康・医療>助成・給付>給付(後期高齢者医療制度)

ここから本文です。

給付(後期高齢者医療制度)

 

病院にかかる時の自己負担

 皆様が病院にかかる際に窓口でお支払いただく自己負担割合は、所得に応じて異なります。(毎年8月に課税所得により判定されます。)
○所得区分

区分

判定基準

自己負担割合

現役並み所得

被保険者及び同一世帯の他の被保険者のうち、一人でも当該年度の住民税の課税所得が145万円以上ある場合(※1)

3割

一般

現役並み所得・低所得者U・低所得者T以外の被保険者

1割

低所得者U

同一世帯の世帯員全員が当該年度の住民税非課税である場合(低所得者T以外)

低所得者T

同一世帯の世帯員全員が当該年度の住民税非課税で、かつその世帯の各所得が0円となる場合

※1)ただし、被保険者並びに同一世帯の他の被保険者の収入の合計額が、次の金額を下回っている場合は、本人の申請により「1割」となります。

 ・一人世帯:383万円

 ・二人以上の世帯:520万円

 →対象となる人は、「基準収入額適用申請書」に収入がわかる書類を添付して、市役所保険年金課へご提出ください。

 

さまざまな給付について

療養費の支給

 次のような場合は、いったん医療費の全額を病院の窓口で支払い、そのあと市役所保険年金課へ申請してください。審査の結果認められた場合には、自己負担割合分(1割または3割)を除いた金額が支給されます。(なお、審査が必要なため、療養費が支給されるまでには申請から約3〜4か月かかりますので、ご了承ください。)

診療後に申請ができるもの

申請に必要なもの(※1)

急病など、緊急にやむを得ない事情で保険証を持参できなかったとき

保険証、領収書、診療報酬明細書、印鑑(朱肉を使うもの)、振込先口座がわかるもの

コルセットなど治療用装具を作ったとき

保険証、領収書、医師の意見書、印鑑(朱肉を使うもの)、振込先口座がわかるもの

柔道整復師の施術を受けたとき(※2)

保険証、領収書、印鑑(朱肉を使うもの)、振込先口座がわかるもの

医師の同意を得て、はり・きゅう・マッサージ師の施術を受けたとき

保険証、領収書、医師の同意書、印鑑(朱肉を使うもの)、振込先口座がわかるもの

輸血に生血を使ったとき

保険証、領収書、医師の輸血証明書、印鑑(朱肉を使うもの)、振込先口座がわかるもの

海外の医療機関で治療を受けたとき(※3)

保険証、領収書、診療の明細書、日本語の翻訳文、印鑑(朱肉を使うもの)、振込先口座がわかるもの


※1)本人確認書類(運転免許証、パスポート、マイナンバーカード等)をお持ちください。
外国籍の人は、併せて、在留カード、パスポートもお持ちください。
別世帯の人が届出する場合は、上記に加えて、委任状もお持ちください。
個人番号を確認させていただく場合があります。

※2)骨折・脱臼により柔道整復師の施術を受ける場合は、医師の同意が必要です。また、保険証を提示すれば自己負担分を支払うだけで済む場合があります。

※3)治療目的での渡航は対象になりません。

制度の詳細については神奈川県後期高齢者広域連合のホームページをご覧ください。

高額療養費の支給

1か月(同じ月内)の医療費の自己負担が高額になったとき、申請をして認められると自己負担限度額を超えた分があとから支給されます。通常の場合、給付の対象となった診療月の3〜4か月後に申請のご案内と申請書が神奈川県後期高齢者広域連合から送られますので、市役所保険年金課に申請をしてください。申請をしてから2〜3か月後に、指定の口座に振り込まれます。
ただし、過去に一度申請を済ませている人は、それ以降該当になった場合、自動的に同じ口座へ振込まれます。(限度額適用・標準負担額減額認定証または限度額適用認定証を提示した場合は、窓口で支払う自己負担ははじめから限度額までとなります。)
制度の詳細については神奈川県後期高齢者医療広域連合のホームページをご覧ください。

平成29年8月診療〜平成30年7月診療まで

所得区分

外来(個人単位)

外来+入院(世帯単位)

現役並み所得者

57,600円

   80,100円+(総医療費(10割)−267,000円)×1%
【 44,400円 】
※1

一 般

14,000円 ※2

57,600円
【 44,400円 】
※1

低所得者U

8,000

24,600円

低所得者T

8,000

15,000

平成30年8月診療以降

所得区分

外来(個人単位)

外来+入院(世帯単位)

現役並み所得者

V(課税所得690万円以上)

   252,600円+(総医療費(10割)−842,000円)×1%
【 140,100円 】
※1

U(課税所得380万円以上)

   167,400円+(総医療費(10割)−558,000円)×1%
【 93,000円 】
※1

T(課税所得145万円以上)

   80,100円+(総医療費(10割)−267,000円)×1%
【 44,400円 】
※1

一 般

18,000円 ※2

57,600円
【 44,400円 】
※1

低所得者U

8,000

24,600円

低所得者T

8,000

15,000

※1 過去12か月間に世帯単位の限度額を超えた高額療養費の支給が4回以上あった場合、4回目以降は【 】の額

※2 年間限度額144,000円

手続きに必要なもの

申請書、保険証、印鑑(朱肉を使うもの)、振込先口座がわかるもの、ご来庁する人の本人確認書類(運転免許証・パスポート等)
来庁することが難しい場合には郵送での申請も承ります。

○「限度額適用・標準負担額減額認定証」及び「限度額適用認定証」

低所得者T・U:「限度額適用・標準負担額減額認定証」
現役並み所得者T・U:「限度額適用認定証」
以上に該当する人は、認定証を医療機関に提示することにより、同じ月で同じ医療機関での支払いが窓口ごとに所得区分の自己負担限度額までとなります。

この適用を受ける必要がある方は、市役所保険年金課に申請してください。

手続きに必要なもの
保険証、印鑑(朱肉を使うもの)、振込先口座がわかるもの、ご来庁する人の本人確認書類(運転免許証・パスポート等)
来庁することが難しい場合には郵送での申請も承ります。

○特定疾病の場合

厚生労働大臣が指定する特定疾病(血友病、人工透析が必要な慢性腎不全、血液凝固因子製剤の投与に起因するHIV感染症)の場合、自己負担限度額(月額)は所得区分に関係なく1つの病院で1万円です。

この適用を受けるためには「特定疾病療養受療証」が必要になりますので、市役所保険年金課に申請してください。

手続きに必要なもの
保険証、特定疾病認定申請に係る証明書、印鑑(朱肉を使うもの)、ご来庁する人の本人確認書類(運転免許証・パスポート等)

その他の給付

○入院時食事療養費の支給

入院をしたときの食事代は、区分(※1)により下記の表の金額となります。

区分(※1)

一食あたりの標準負担額(※2)

現役並み所得者 ・ 一般

460円(※4)

区分T・Uに該当しない指定難病患者

260円

低所得者U(区分U)

90日までの入院

210円

91日以上の入院(※3)

160円

低所得者T(区分T)

100円

※1)区分については、「病院にかかる時の自己負担」の説明をご参照ください。

※2)標準負担額は1日3回までとなります。また、標準負担額は高額療養費の算定には入りません。

※3)過去12か月の間に91日以上の入院がある場合

※4)平成30年3月までは360円です。

制度の詳細については神奈川県後期高齢者広域連合のホームページをご覧ください。
 

低所得者T・Uの人は、入院の際に「限度額適用・標準負担額認定証」を提示する必要があります。該当する人は、市役所保険年金課に申請してください。

やむを得ず、入院時に減額認定証の提示ができず、所得区分「一般」の費用を支払ったときは市役所保険年金課に申請してください。差額が払い戻されます。

手続きに必要なもの
保険証、印鑑(朱肉を使うもの)、入院時の領収書、振込先口座がわかるもの、ご来庁する人の本人確認書類(運転免許証・パスポート等)

高額介護合算療養費の支給

過去に医療保険の負担と介護保険の負担の両方が発生し、その1年間の合計(計算期間:毎年8月〜翌年7月)が基準額を超えた場合、払い戻される制度です。

制度の詳細については神奈川県後期高齢者広域連合のホームページをご覧ください。

手続きに必要なもの
申請書、保険証、印鑑(朱肉を使うもの)、振込先口座がわかるもの、ご来庁する人の本人確認書類(運転免許証・パスポート等)

 
○葬祭費の支給

被保険者が死亡したとき、その葬祭を行った人(喪主)に対して申請により5万円が葬祭費として支給されます。(葬祭を行ってから2年を過ぎると時効となり、申請ができなくなります。)
 
手続きに必要なもの
亡くなった人の保険証、喪主の印鑑(朱肉を使うもの)、喪主の振込先口座がわかるもの、ご来庁する人の本人確認書類(運転免許証・パスポート等)、会葬礼状もしくは葬儀の領収書

※その他にも入院時生活療養費訪問看護療養費移送費の支給などがある場合があります。
 

交通事故にあったとき(届出が必要です!)

 交通事故など、第三者(加害者)から傷害を受けた場合にも届け出により保険を使って治療を受けることができます。お早めに市役所保険年金課までご相談ください。(ただし、加害者からすでに治療費を受け取ったり、相手方と示談を済ませると後期高齢者医療保険が使えない場合があります。)

問い合わせ

市民経済部 保険年金課 高齢者保険担当 (本庁舎1F 案内図
電話 046-260-5122

ページの先頭へ戻る